愛人契約を希望する多数の女性が出会い系で愛人募集をしている現状

投稿日:2017年7月15日 更新日:

金銭のやり取りを介した男女関係である愛人契約。そこには当然肉体関係があり、一般的には10代・20代の若い女性が愛人として好まれます。しかし、30代以上の女性やシングルマザーの方でも愛人契約を結んでいる場合があり、その多くは出会い系サイトで相手を探しています。多くの出会い系サイトが金銭的なやり取りを禁止している中、なぜ愛人募集中の女性が出会い系サイトに集まっているのか。その背景を解説します。

参考記事

愛人募集をしている女性の職業は?

愛人募集をしている女性の職業

愛人募集をしている女性について、職業や種別ごとに紹介します。

女子大生

男性側からすれば、愛人として一番望ましいのが女子大生かも知れません。若くて恋愛経験も少ない大学生を独り占めにしたいと思う気持ちは、多くの男性が秘めていることでしょう。女性側としても、アルバイトをすることに比べれば遥かに稼げるというメリットがあり、愛人となってくれる男性を探している女子大生は少なくありません。

最近は肉体関係のない、いわゆる”パパ活”をする女子大生も増加傾向にあるようですが、愛人契約の方が大きな金額を稼げるため、こちらを選ぶ場合も多いでしょう。風俗店のように不特定多数の相手とエッチをするわけでは無いので、愛人契約の方がハードルが低いと感じる女性は多いと思われます。

参考記事
パパ活とは何?

OL

本業での稼ぎが少ないため、愛人として”副収入”を得ているOLも少なくありません。10代、20代前半の若いOLの方が圧倒的に需要はありますが、30代以上でも相手によっては全く問題がないでしょう。単純に金銭的な目的なのか、満足できる働き方が出来ていないことによる反動なのか、あるいは性欲が強いだけなのかはその人次第。文字通り、昼と夜とでは全く別の顔を見せているのです。

家事手伝い

家事手伝いとニート、無職との区分は難しい面がありますが、要するに決まった仕事をしていない女性の事。決まった収入があるわけではないけど時間はたっぷりあるこれらのタイプの女性が愛人契約を求めるのはある意味自然なことかも知れません。

社会から認められない欲求を男性から求められることで肩代わりするだけでなく、下手したら定職についている人よりも稼げてしまう愛人契約。ただし年齡という、努力ではどうにもならない限界があることは覚悟しておく必要があります。

人妻

旦那が単身赴任で性欲と暇を持ち合わせている人妻。夫婦の関係が悪くなり、セックスレスを解消するために愛人を探す奥様。10代、20代前半で結婚する女性も少なくありませんし、若い頃に遊び足りなかった反動から愛人募集に走る人妻は多いでしょう。30代・40代になっても旦那の目を盗んで愛人家業で稼いでいる女性もいますし、既婚者だから愛人契約は結ばないという訳ではありません。

むしろ愛人を探している男性にも既婚者が多いことから、人妻は需要が高いです。お互いに負い目があるからこそ秘匿性が保たれる可能性が上がりますので、女性側の弱みも握っておきたいと思う男性は少なくないでしょう。

参考記事
人妻と出会いセフレの関係になる方法
出会い系サイトにいる人妻はセフレにしやすい

バツイチ・シングルマザー

結婚生活に嫌気が差して体だけの関係である愛人契約を求める場合と、生活の苦しさからやむを得ず愛人を探す場合があると思います。若くして離婚してしまった女性が、子供を育てるために男性の力を借りられないのは想像以上の大変さなのでしょう。女性の社会進出が進んでおらず、シングルマザーの女性が弱者として扱われてしまうのが日本の現状。

養育費などの問題もあり愛人募集をするのもある意味仕方がないのかも知れませんが、愛人として金銭を受け取ることが出来る期間は限られています。

愛人募集している女性の年代は?

愛人募集している女性の年代
愛人募集している女性の年代とそれぞれの傾向について解説します。

10代女性

男性の立場で考えると、一番需要があるのが10代女性かも知れません。と言っても18歳未満の女性の場合は児童売春で逮捕されてしまうリスクがあるので、対象となるのは高校卒業以上の女性。

大学生かフリーター、家事手伝いなどが多いと思いますが、若いうちは愛人契約で稼げたものの、急に男性に見放されて全く稼げなくなり、途方に暮れる女性も少なくないでしょう。

20代女性

20代前半なら大学生、中盤なら未婚のOLが多いでしょうが、若くして結婚した場合は20代のシングルマザーも珍しくありません。経済的に自立できない多くの女性が愛人を探しているのが現状です。就職を機に愛人契約を解消するという大学生もいるかも知れませんが、一度愛人契約で味をしめてしまうと、なかなか抜け出せなくなる可能性も高いでしょう。

30代女性

男性からすると一気に魅力が落ちるのが30代。30代前半ならまだしも、半ばを超えると努力ではどうにもならない壁があるでしょう。必然的に愛人男性の年齡も高くなると思われますが、年齡をカバーするような魅力を身に着けないと愛人募集をしてもなかなか相手が見つからないと思われます。

男性が愛人に求めるのはセックスだけではなく心の安定だったり、拠り所だったりするはずです。同世代の愛人が欲しいという男性や、あまりに年が離れた愛人は嫌だと考える年上男性からの需要もあるとは思いますが、30代以上の女性はセックス以外の価値を男性に提供できるように努力しないと、いつ愛人契約を切られてもおかしくないのかも知れません。

40代女性

一般的にはほとんど需要は無いと思われますが、40代でも構わないと思う男性もいないわけではありません。女性が出会い系サイトで愛人を探すのは、多くの相手がいるから。男性の数が多ければそれだけ多様なニーズもあり、チャンスも増えますからね。しかし、年齡の時点で愛人候補からは外されてしまう可能性は高いと思います。

大手の出会い系サイトでは年齡を偽ることが出来ないので、愛人の獲得は簡単なことでは無いと思います。同世代の愛人が欲しい男性や、年が近い愛人を探している男性もいるとは思いますが、そこまで期待は出来ないでしょう。

50代女性

50代女性にもお金を払って愛人契約を結ぶ男性も世の中にはいます。その数はかなり少なくなりますが、同世代の愛人を希望している男性や年が離れた過ぎた愛人は嫌だと考える男性もいますし、会員数の多い出会い系サイトならそれだけその可能性も増えるでしょう。出会い系サイトで愛人募集をしている50代女性もいますが、そもそも出会い系サイトでは禁止されていますし、希望のお相手を見つけるのはかなり難しいと言わざるを得ません。

愛人募集をしているのはどんな男性?

愛人募集をしているのはどんな男性?

愛人を募集している男性について解説します。

愛人募集をしている男性の職業は?

愛人募集をしている男性の職業は、社会的地位が高いものが多いです。医者や経営者などの高所得者でないと愛人を抱えることは困難。契約によって差はありますが、少なくとも月に10万円程度は必要な愛人契約。それだけのお金を用意できるとなると、かなりの収入が必要ですよね。場合によっては愛人のためにマンションを購入することすらあるようですが、妻や家族にバレないで愛人を抱えるためにはそのような工夫が必要なのでしょうね。

愛人募集をしている男性の年代は?

愛人募集をしている男性は、30代後半から50代が多いでしょう。60代でも愛人募集をしている男性もいるでしょうし、20代だからと言ってその可能性が無い訳ではありません。若い女性からみたらおじさんにあたる、40代・50代が主な年齢層になるでしょう。

愛人募集をしている男性は未婚?既婚?

愛人募集をしている男性の多くは既婚。会社の経営に明け暮れていたら妻とすっかりセックスレスになってしまった。単身赴任で家族となかなか会えない寂しさを紛らわすために愛人を探したい。そんな男性が多いように思えますが、未婚の男性もいないわけではありません。妻と死別した場合や離婚した場合もありますが、割合としては既婚者が一番高いと思います。

出会い系サイトで愛人を探すことの危険性と難しさ

出会い系サイトで愛人を探す

愛人を探している女性について見てきましたが、出会い系サイトで愛人を探すのは危険が伴います。そもそも出会い系サイト側では金銭のやり取りを禁止しているため、運営に見つかった場合は利用停止・強制退会のリスクがあります。利用者の数が多い出会い系サイトならたしかにチャンスは多いかも知れませんが、二度とサイトが使えなくなる可能性があることは覚えておいたほうが良いでしょう。

”愛人”というキーワードそのものをプロフィールやメッセージに使えない出会い系サイトが多く、詳しい内容はLINEなどでやり取りする必要があります。多くの男性は無料でエッチできるセフレ関係を臨んでおり、いきなりお金を請求してくる女性は避けられる傾向にあります。

だからと言って最初に無料でエッチをしてしまうと、2回目以降にお金をもらえる可能性はゼロに近くなるので、余程運が良くないと愛人男性は探せないでしょう。LINEの交換以前にアカウントを停止させられる可能性もありますし、相手に不快感を与えてしまったら違反報告を受けてしまうかも知れません。多くの女性が出会い系サイトで愛人を探しているからと言って、愛人探しが簡単だとは思わないほうが良いです。

ネット以外で愛人を探す

ネット以外で愛人を探す

出会い系サイトで愛人を探すのは危険な上に簡単ではないと言うことをお伝えしました。ではどこで愛人を探すのが一般的なのでしょうか?まずはネット以外で愛人を探す場合について解説します。

社内で愛人を探す

いつも顔を合わせる職場の同僚や、少し離れた部署の相手と愛人契約を結ぶ。昼の顔と夜の顔を器用に使い分けられる女性と違い、男性は誤魔化すのが下手。職場にバレるとしたら大抵は男性側の問題なので、秘密が厳守できる相手を見極める必要があるでしょう。

相手を探す手間がかからないというメリットがある一方で、愛人関係がバレた場合には現在の仕事を失うかも知れないデメリットもあります。それは男性側からしても大きなデメリットなので、社内での愛人関係は避ける可能性が高いでしょう。

他の知り合いに見つからないように万全を期する必要がありますし、同僚の何でもない発言が必要以上に気になってしまうなど、仕事に支障をきたす可能性も考慮する必要があります。

合コンで愛人を探す

合コンに参加している人の多くは婚活中の未婚者ですが、中には既婚者も紛れ込んでいます。合コンで愛人を探すなら、既婚者を狙ったほうが良いでしょうが、不倫というリスクある行為になるので、慎重に行動する必要があります。結婚相手を探している未婚者に愛人契約を持ちかけても成功する可能性は低いでしょうし、共通の知り合いがいるかも知れない相手と、そんな危険な橋は渡れませんよね。

男性側から愛人契約を提案してくる可能性は低いでしょうし、未婚者男性と既婚者男性を見分けるのも簡単ではありません。合コンで愛人を探すのは簡単ではないと思います。

相席屋で愛人を探す

新しい出会いの場として注目されている相席屋。女性側は無料で利用できる可能性もあり、相手を探すのには良いでしょう。ただし愛人を求めている男性がいるかは怪しいところ。相席屋を利用する男性の目的はもちろん、その日にエッチできる相手を探すこと。風俗店を利用していない時点で、なるべくコストを抑えて女性を抱きたいと考えているはず。

そのような相手に愛人関係を求めても同意してくれる可能性は低いでしょうし、最初のセックスでお金を受け取れなかった場合、2回目以降のセックスも金銭のやり取りは発生しないでしょう。余程の美貌と会話力を備えているなら別かも知れませんが、多くの場合は愛人探しは徒労に終わるのではと思います。

婚活イベントで愛人を探す

合コンに比べて共通の知り合いがいない可能性が高い婚活イベント。街コンや婚活パーティー、婚活バスツアーなど様々なイベントがありますが、基本的には結婚相手を求めている男女が参加しています。中には既婚者や彼女持ちも紛れ込んでいますが、それを見分けるのが難しいのがネック。

もしも婚活イベントで愛人を探すなら、拘束時間が長いイベントよりも短時間で終わるイベントを選んだほうが良いでしょう。長時間拘束されるようなイベントの参加者はそれだけ真剣度が高いでしょうし、愛人を探せる可能性は落ちてしまいます。出来るだけ大人数と出会えるようなパーティー系のイベントがおすすめですが、多くの男性は恋人候補を探していることを忘れないようにしましょう。

キャバクラでキャバ嬢として愛人を探す

年齢的に厳しい可能性もありますが、キャバクラで愛人を探すのも一つの方法でしょう。お金を持っている中高年の男性と深い関係になりやすいのがキャバ嬢のメリット。複数の男性と同時並行でやり取り出来ますし、あなたにお金を払ってくれるお相手なら愛人に出来る可能性は十分にあります。

キャバクラで働くことの大変さやそもそも仕事を変えなければならないというリスクもあり、誰しもが出来る方法ではないと思いますが、検討する価値はあるかも知れません。

風俗店で働いて愛人を探す

お店で禁止されている場合も多いでしょうが、風俗店で関係を持ったお客さんと個人的に契約すれば、それは愛人契約そのものと言えるでしょう。風俗店で働くための条件もあり、関係を持った男性が愛人関係を求めていないケースもあるのが難点ですが、可能性としてはあると思います。

ピンサロやセクキャバのような風俗店よりもデリヘルやソープの方が愛人募集しやすいように思えますが、いずれにしても愛人を見つけるのは簡単ではないように思えます。仕事そのものを変える必要があり、年齢的に難しい場合もある方法です。

高級クラブでホステスとして愛人を探す

各界の一流の人達が交流を深める高級クラブ。訪れる会員は資金力もあり地位も高い人ばかりなので、愛人を探している場合もあります。そのような高級クラブでホステスになるのは簡単なことではありませんし、地位の高い人に気に入られるためには若さや美しさ以外の条件も必要になってくるでしょう。しかし、社会的に地位が高い人と接触することが出来るチャンスはそう多くないので、一つの可能性として考えておいてはいかがでしょうか?

ネットで愛人を探す

ネットで愛人を探す

ネット以外の出会いの場で愛人を探す方法を紹介してきました。続いて、ネットで愛人を探す方法を紹介します。それぞれの出会いの場の特徴やメリット・デメリットをお伝えします。

交際クラブで愛人を探す

交際クラブとは、一定以上のステータスの男女だけが登録できる、デートのセッティングをしてくれる社会クラブです。実際に店舗に行って写真を撮ってもらう必要があったり、容姿やステータスが優れてている人でないと登録できないというデメリットがあり、敷居が高いのが難点です。交際クラブに登録しているような男性とは愛人契約を結べる可能性も高いのですが、利用することさえ難しいのが実際の所です。

愛人募集掲示板で愛人を探す

ネット上に数多く存在する愛人募集掲示板。書込みも活発なのですが、誰でも利用できてしまうのが難点で、詐欺やヤり逃げが多いのが現実のようです。男性に良いように使われてしまうリスクがあり、愛人を探す場所としてはあまり良いとは思えません。

フェイスブックで愛人を探す

基本的には本名で利用する人が多いフェイスブック。社会的な成功者も見つけやすく、気軽にコンタクトを取る事が出来るのがメリットです。ただし成功者ほど忙しく、会ったことのない相手には返信すらしないかも知れませんん。イチイチ返事をしていたら時間がいくらあっても足りないのかも知れませんが、フェイスブックでいきなりメッセージを送るのではなく、そのターゲットが参加するイベントなどで親しくなる必要があると思います。

フェイスブック上でもハッキリ成功者と分かる人は、愛人に困っていない可能性もあります。見せかけだけ、成功者のフリをしている男性もいますし、見極めるのは難しいでしょう。かと言って無作為に相手を探していても、愛人を囲えるような経済力を持っている男性は多くないので、出会える可能性は低いと思います。

インスタグラムで愛人を探す

旬のSNSであるインスタグラムですが、成功者を探しやすいというメリットはあります。しかし特に関わりのない相手からのコメントやメッセージに忙しい成功者が反応してくれるとも思えず、かと言って一般のユーザーにアプローチしても効率的だとは思えません。フェイスブックやインスタグラムはアダルトな投稿が少ないという事からも、愛人探しの場として適していないように思えます。

ツイッターで愛人を探す

匿名性の高いツイッターでは、愛人募集中のアカウントを見かけることもあるでしょう。しかし、男性の立場で考えると、ツイッターで愛人を探すとは考えにくいです。年齢認証もないツイッターでは下手をすると18歳未満の女性と出会ってしまうリスクがあります。児童売春で逮捕されるような危険な行為を積極的に行う男性がいるとは思えませんし、愛人を探す場としては不向きでしょう。

女性の多くがなりすましアカウントを使っているのと同様、複数アカウントを使っている男性は多いです。セキュリティ対策への不安が大きすぎますし、愛人探しに限らず、出会いの場としては不向きでしょう。

フェイスブック恋活アプリで愛人を探す

匿名での利用も可能ですが、フェイスブックを使っているという時点で本人を特定されやすいフェイスブック恋活アプリ。女性は無料で利用できるものが多く、恋人を探す場としては良いのですが、愛人探しには不向きでしょう。愛人関係のキーワードが禁止されている可能性も高く、男性としては恋人候補を求めているので、LINEで急に愛人の話をしても面食らってしまうでしょう。

真面目な利用者が多いため、体の関係に発展させるのに苦労すると思います。フェイスブックのステータスが”既婚”や”交際中”になっている人は登録できないアプリも多いので、愛人探しはそれだけ困難になります。

ネット婚活サイトで愛人を探す

結婚に繋がる真剣な出会いを求めて、多くの男女が登録しているネット婚活サイト。しかし求めているゴールが結婚なので、愛人探しには不向きでしょう。独身証明書の提出が必要なネット婚活サイトもあり、既婚者男性は登録できない可能性も高いです。

愛人関係のキーワードが禁止されている場合も多く、アカウントを停止させられる場合もあります。仮にLINEを交換できても、愛人の話をした途端に相手は離れてしまうでしょう。恋愛に対して慎重な男性が多いため、すぐに体の関係になる場合は少ないでしょう。

結婚相談所で愛人を探す

結婚の最後の砦である結婚相談所。入会金や月会費も高いですし、それだけ結婚に対して真剣な男女が多いのが特徴です。独身証明書の提出が義務付けられているケースが大半で、不倫目的の男性とは出会うのが難しいでしょう。

年齢層が高くお金を持っている男性が多いという意味では愛人募集に最適なのですが、愛人を求めていない男性が大半だと思われます。入会するまでのハードルが高いですし、場合によっては強制退会させられる可能性もあるので、愛人募集には向いていません。

男女無料の出会い系サイト・アプリで愛人を探す

男女無料で使えるような出会い系サイト・アプリも非常に増えてきましたが、セキュリティ対策が無いに等しく、割り切り目的の援デリ業者が大半というのが実際のところ。援デリ業者からのメッセージがうっとおしく感じてしまい、すぐに退会する男性も多いでしょう。

男性側としても年齢確認が無い出会い系サイトは極力避けたいと思われるので、愛人募集の場としてはイマイチ。18歳未満の女性が登録している可能性のある出会い系サイトは避けるのが男性なので、仮にやり取りは出来たとしても会うことは難しいように思えます。

なぜ出会い系サイトに愛人募集中の女性が数多く存在しているのか

出会い系サイトに愛人募集中の女性が数多く存在している

出会い系サイトでは愛人の募集は禁止されているのにも関わらず、実際には多くの女性が出会い系サイト内で愛人募集をしています。その理由について解説します。

幅広いニーズを持つ男性が利用しているから

10代、20代の若い女性であれば愛人契約を結べる男性を探すのはそれほど難しくないかも知れません。若さは最大の武器ですからね。しかし30代以降の女性にとって、愛人契約を結べる男性と出会うには、そもそもの分母を確保する必要があります。

やり取りはする男性が多ければ多いほど、女性の年齡にとらわれないお相手と、むしろ年齡が高いほうが良いというお相手と巡り会えるチャンスがあります。大手の出会い系サイトに登録している男性の数は数百万人。それだけの数がいれば、生まれてくるニーズも幅広くなり、愛人契約を結べる可能性が高くなるのです。

女性は無料で利用できるから

多くの大手出会い系サイトは、女性は無料で利用できます。男性の場合はプロフィールの閲覧やメールの送信にポイントが必要なのですが、女性は無料で使えるサイトが多いのです。それだけ多くの男性とやり取りできるチャンスがありますし、利用停止の措置が取られるのを覚悟の上で、同じような愛人募集メールを複数の男性にコピペして送るケースもあるでしょう。

婚活パーティーなどと比べても、無料で相手が探せるのは大きなメリット。いくら女性の料金が安いからと言って、無料で参加できるようなパーティーはほとんどありませんからね。愛人を探している女性の多くがお金に困っていることを考えると、コストを抑えたいと思うのは当然のことでしょう。

セックスの相手を求めている男性が多いから

出会い系サイトを利用するためには、男性はお金が必要。それだけ出会いを求めている傾向にありますが、婚活サイトや恋活アプリの利用者とは違い、彼女が欲しいわけではない場合が多いです。

出会い系サイトで出会う女性を恋人候補とは考えられない男性がほとんどで、出会いというか、露骨に言うとセックスの相手を探しているケースが多いでしょう。女性の提示する金額を受け入れるかどうかはその男性次第ですが、金銭面・愛人契約を抜きに考えると、求めているものが一致している可能性が高いのです。

積極的な男性が多いから

出会い系サイトに登録している女性は、1日に何十通もメッセージをもらうと言われています。若くて可愛い女性なら100通以上のメッセージをもらうこともあるのでは無いでしょうか?積極的な男性が多い出会い系サイトは、自分で営業をする手間が省けるかも知れません。

ただし多くの男性は無料でエッチ出来る相手を探しており、そのための積極性。相手が積極的だからと簡単に愛人が見つかるとは思わないほうが良いでしょう。

セキュリティ対策の面で信頼が出来るから

多くの大手出会い系サイトは不正利用者の締め出しに力を入れています。女性側も安心して使えますし、男性の立場でもそれは同じ。悪質業者や援デリ業者が少ない出会い系サイトでお相手を探したいと思う男性がほとんどでしょうからね。

年齢確認があるから

男性の立場で考えると、年齢確認が出来ていない相手と会うのはリスクが高すぎる。結果としてSNSや無料の出会い系サイトよりも、結局は大手の出会い系サイトに集まるのが男性の心理。女性からするとそれだけ多くの男性がいますし、会うことに対してハードルが下がる可能性は十分にあると考えられます。

匿名性が高いから

どんな相手にもバレてはいけない愛人契約。それは男女ともに同じことですし、必ず秘密が守れるような相手を探すのが大前提でしょう。出会い系サイトの登録はニックネームもOKで非常に匿名性が高いです。必要最小限の情報だけやり取りして体だけの関係を続ければ、それだけお互いのプライバシーが守られます。フェイスブック恋活アプリのように本人が特定できてしまうような場所では慎重な男性は愛人募集をしませんので、それを加味して多くの女性が出会い系サイトで愛人を探しているのです。

愛人募集中の女性についてまとめ

愛人募集中の女性についてまとめ

出会い系サイトの規約では、会員同士の金銭のやり取りは禁止されています。そのため愛人募集をしている多くの女性がアカウント削除のリスクを背負っているのですが、それにも関わらず出会い系サイトで愛人を探す理由はおわかり頂けたでしょうか?

10代・20代で引く手あまたな女性ならいざ知らず、出会い系サイトを使わないと愛人を見つけられないような女性が数多く存在しているのです。

出会い系サイトを使っても愛人契約を結べる保証はありませんし、強制退会の可能性も高いので、くれぐれもご注意下さい。

The following two tabs change content below.

エロ狸

性別:男性 自己紹介:出会い系サイトや出会いアプリを知り尽くしたネットナンパの達人。 ネットで数しれないほどの女性をナンパしてセフレ化した実績を誇る。 ネットナンパには自信があるが、街でナンパする勇気がないのが弱点。

-ノウハウ・豆知識, お金儲け

Copyright© Secret Lover , 2018 All Rights Reserved.