ポリネシアンセックスのやり方を覚えて彼氏やセフレと一緒に楽しもう

投稿日:

ポリネシアンセックスとは

ポリネシアンセックスとは

今、ポリネシアンセックスが話題になって居ます。ポリネシアンセックスのポリネシアとは、地球上のオセアニアの海洋エリアを示し、北西ハワイ諸島、先住民族の言葉でニュージーランドを意味するアオテアロア、そしてイースター島を結んだ三角形のエリア内にある諸島を示します。温かい地方で、人々に古くから行われて来たポリネシアンセックスは、忙しい現代人に様々な新しい快感と精神的な充足感をもたらす、ナチュラルなスローセックス方法です。まるで自然に身を任せるセックス方法は、南国にタイムトラベルした様なゆったりさが有ります。ポリネシアンセックスのやり方や、ポリネシアンセックスで得られるオルガズム、メリットなど細かくご紹介しますので、古くてとても新しい、ポリネシアンセックスの極意に迫って見ましょう。

ポリネシアン地方伝統のセックス方法

ポリネシアン地方は、豊かな海洋に囲まれた南国の島々です。モアイ像で有名なイースター島、火山が活発な北西ハワイ諸島で培われた、ポリネシア人によって編み出されたと言われています。航海技術に非常に優れていたポリネシア人は、島に移り住むとタロイモやヤムイモ、バナナなど農業を行い、文化を育みました。かの世界的有名なアニメ映画の主人公の女の子も、ポリネシア人として描かれています。人との繋がりを大切にするポリネシア地方のポリネシアンセックスは、豊かな海洋に囲まれた諸島だからこそ生まれた、私達現代人が忘れがちな心の余裕、時間の使い方、そして愛情の受け渡し方法全てを用いた素晴らしい伝統のセックス方法なのです。

5日間かけて行うスローセックス

ポリネシアンセックスは、スローセックスの先駆けと言われる伝統のセックス方法です。現代人は時間に追われ、持ち時間や気持ちの余裕がありません。恋人や夫婦によるセックスでは、欧米国よりも日本は月に行う回数も、セックス1回に費やす時間もとても少なく、愛情の場でもあるセックスの良さがだんだんと失われつつあります。統計的には、セックスに満足ができない、セックスを必要と思えないカップルの破局率は非常に高く、逆にセックスに対して満足感があるカップルは、関係が長続きすると言われています。そこで見直されつつあるセックス方法として、急いでしまうセックスよりも、ゆっくりと時間をかけて行うポリネシアンセックスは、忙しくて余裕がない現代人が取り入れるべきスローセックスの方法となります。

射精より精神的な繋がりを尊重する

セックスの最終地点は、男女ともにイくという感覚のオルガズムになります。男性は明確に、射精という現象があるので射精をすればセックス自体は終了になります。男性の射精メカニズムははっきりとしていますが、女性のオルガズムは男性よりも到達に時間が掛かり、また明確な現象が見えないので男性も分かりづらいものです。男性が射精して終わり、女性は満足できなかったセックスは多いものです。ポリネシアンセックスは、射精よりも精神的な繋がりを尊重するセックスです。例えば数時間で射精して終了ではなく、射精や女性のオルガズムに到達するまでの触れ合い、気持ちの受け渡しなど、繋がりを大切にします。女性は安堵感によって性欲が掻き立てられる生物なので、精神的な繋がりに余裕があればあるほど、期間内にとても気持ち良い体験を覚える事になります。

オルガズム時間が非常に長い

ポリネシアンセックスと他のセックスとの大きな違いとして、オルガズム時間が非常に長い特徴があげられます。例えば2時間ラブホテルに入り、セックスを行うとすれば実際のセックス時間は2時間未満で、挿入してオルガズムに達するまで数分~30分以内という短時間です。数日間、準備をゆっくりじっくりかけて行うポリネシアンセックスは、挿入後のオルガズム時間が非常に長い事でも有名です。ポリネシアンセックスをしたことがない人でも、前戯や愛情の受け渡しに時間を掛ける事によって、セックス自体がとても長いものに感じ、焦りや戸惑い、羞恥などが薄れて、体がとても敏感になって行きます。ポリネシアンセックスに乳首開発を取り入れた場合、パートナーに乳首をつねられるだけで震えるような、初めておっぱいでの乳首イキを感じてしまう成人女性も居るのです。また、体位は体が密着する正常位や対面座位がお勧めです。ぴったりとくっ付いた状態で、長い快楽を味わえます。

ポリネシアンセックスのやり方

ポリネシアンセックスのやり方

ポリネシアンセックスは、厳密なルールは決まって居ませんが、おおよそ5日間を掛けて行うスローセックスです。日本人が取り入れ易い方法として、1~2日目にする事、3~4日目にする事、そして5日目の本番セックスに分けると簡単にトライ出来ます。基本的に道具は必要なく、年齢関係なく楽しめるスローセックス方法です。ゆっくりと興奮と期待を高め、本番セックスに向けて準備して行く行程はとても新鮮です。ポリネシアンセックスのやり方を、日付を追って順にご説明して行きます。

1~2日目:ボディタッチや手繋ぎをする期間

最初スタートした1日目から2日目は、女性と男性は軽いボディタッチや、手繋ぎをする期間になります。デートをする日なら、手を繋いで歩いてみる、ふとした時に肩や頭に手で触れる、男性が女性の髪を撫でるなど、ソフトなボディタッチを行います。いきなりポリネシアンセックス、となると身構えてしまいますが、軽いボディタッチはお互いの緊張を解し、距離をゆっくりと縮めます。2人で座って肩など体の側面をくっ付けるだけでも、十分優しいボディタッチになります。女性は、少し男性に甘えても良いでしょう。触れている、という事実が大切なのです。決して胸を触るなど性的なボディタッチにならないよう、ナチュラルにお互いをタッチする所がコツになります。

3~4日目:キスとハグを加える期間

3~4日目になると、もっとボディタッチやボディランゲージを深くするため、キスとハグを加えて行きます。ここでポイントであるのが、ハグは長めにする事です。軽いハグだと、まだ照れや緊張が残ってあまり意味がありません。またマンネリ気味のカップルの場合、軽いハグはやってもやらなくても同じなので、あえて長めの抱擁を行いましょう。理由なんて要りません。兎に角長めにお互い抱き締めましょう。そしてキスは、軽いキスを何度も加える、抱え込んで舌を入れてディープキスする事もOKです。3~4日目の準備期間で、初めて粘膜と粘膜の触れ合いがあります。今まで衣服越しに触れ合っていたのが、キスという好意で一気にセックスへの現実味が帯びて行きます。きっと普段よりもキスが鮮明に感じ、濡れた感触やお互いの体温に興奮が高まって行くでしょう。

5日目:1時間かけてじっくり前戯する

いよいよ、5日目の本番セックスの日が来ました。ですが挿入したくなっても、ここで直ぐ挿入してはNGです。ベッドの上で裸になり、1時間かけてじっくりと前戯をしましょう。女性の唇やおっぱい、クリトリスや膣を愛撫し、女性は男性のペニスを優しく触れたり体をマッサージします。この時点で、肌に触れるだけで気持ち良くて仕方ない状態になって来ます。いつもの愛撫が、通常よりも数倍は敏感に感じられ、まるで心と魂の解放の様な心地になって行きます。1時間じっくり愛撫したなら、ペニスを挿入してもOKです。敏感に準備され、快楽に飢えていた体は貪欲に刺激を味わい、震えるほどの長いオルガズムが待っています。女性は何度もオルガズムに達し、男性も射精してもしつくせない程に大量の精液が出る筈です。

5日目:裸になって挿入する

5日目に1時間かけて愛撫をした後は、ようやく待ち望んだ挿入でのセックスになります。セックス前の食事は、少し前に済ませておきましょう。またお茶を飲んでゆっくりする時間も、リラクゼーションになりお勧めです。愛撫でゆっくりと解した女性器は、とても柔らかくなっているので男性は挿入感の違いに驚く筈です。また、挿入した状態でしばらく、動かずにいるとまるで太陽に包まれているような幸福感に満たされます。長い長いオルガズム、体中が満たされる充足感、そして男女でしか味わえない精神的ぬくもりを感じます。セックス後は、是非ベッドの上で抱き合ったまま過ごしましょう。ポリネシアンセックスは、最後までゆったりとリラクゼーションする事が目的なのです。

ポリネシアンセックスで感じる幸福感とは

ポリネシアンセックスで感じる幸福感とは

ポリネシアン地方で昔から行われて来たポリネシアンセックスでは、現代人は一体、どんな幸福感を感じると思いますか?セックスはただお互いに性的興奮して挿入し、気持ち良くなる、子孫繁栄する、欲求解消だけではないという、スローセックスだからこその幸福感があります。ポリネシアンセックスの、本来の幸福感を知ることで、現代人が忘れがちだったセックスのとても重要な意味に気付きます。

キスやハグによる愛情の満足感

キスやハグは、言葉による愛情表現よりも的確に、心と体に伝わる愛情になります。口は愛情の受け渡しをする器官であり、最初は母子の母乳、食べ物を与える、温度を感じる、そしてキスや愛撫などに使う大切な部位です。唇と唇を重ねるキスは、お互い無防備な状態になり信頼の表現になります。また唇は皮膚が薄くとても敏感で、体温、湿度、感触をとても良く拾い、唇という小さい面積で十分にお互いの状態を知り得ます。ポリネシアンセックスでは、最初の数日間でたっぷりとキスをし、相手の状態を良く知ります。またハグによって相手の体の大きさ、柔らかさ、体温、心音などを自分の体で感じ取ります。相手という存在、自分という存在を言葉は使わず伝え合う愛情表現は、言葉よりもストレートに伝わるので、お互いの満足感が大きいのです。

焦らないセックスへの気持ち良さ

焦りがちなセックスは、気が急いてしまい、お互いに盛り上がらなくて感度も下がってしまいます。女性は特に、性急なセックスよりも男性相手への安心感や信頼感によって感度がアップします。まだ緊張が解けていない、気分が盛り上がらない時点でのセックスは、快楽も半減します。しかしポリネシアンセックスであると、セックスはとても長い時間を掛けるので、体験したことの無いようなゆとりを感じます。セックスするその日に、ベストな状態でなくても大丈夫なのです。どちらかがセックスしたい、どちらかが疲れている、乗り気じゃない状態を打破するのは、スローセックス方法です。心に余裕が生まれると、お互いに慈しみの気持ちが生まれ、充実した気持ちを味わえるのです。

挿入しない焦らしとセックスの期待感

ポリネシアンセックスの期間の大半は、挿入なしのボディタッチやボディランゲージが占めます。やはり男女で触れ合っていると、もっと触れ合いたい、深く感じたい、体温がもっと欲しいと先を望みますが、そこはぐっと我慢をします。この行いが、焦らしプレイになってセックスへの期待感を増幅させます。男性であれば、女性を裸にしたい、柔らかい肌に触れたい、ペニスを挿入したいと思います。女性であれば、服を脱ぎ去りたい、もっと深く知ってほしいと願います。しかしボディタッチの期間に、挿入は厳禁です。焦らしプレイを2人で行うので、相手とのセックスへの期待と熱望は膨らみ、相当なものに成長して行きます。

数日我慢したあとのオルガズムと解放感

焦らしに焦らし、抱き合いたいという欲望を数日間耐え抜いた後の男女の挿入によるセックスは、言葉に出来ない程の高揚感と解放感が待っています。ひどく喉が渇いた後の水が美味しい様に、最後のご褒美であるセックスはとても燃え上がり、痺れる様な悦楽が生まれます。声や触れる吐息、相手の肌の感触や温もり、どれをとっても敏感に感じる体はまるで生まれたての様だと、形容されます。しかし、普段よりも敏感で気持ち良いのにメンタル面での充足感もあります。じっくりと準備や愛撫に時間を掛けて来たので、気持ちは既に満たされているからです。男性は射精感がとても長く感じ、女性は何度もオルガズムに達するなど、未経験の快楽を味わう様になります。ポリネシアンセックスの充実感、達成感は体験した人にしか言い表せない、素晴らしい幸福があるのです。

ポリネシアンセックスのメリット

ポリネシアンセックスのメリット

日本人にまだ浸透していないポリネシアンセックス。名前は聞いた事があるけれど、実際にどういう風になるのか、またはポリネシアンセックスからどんなメリットを得られるか、知らない人は大勢います。また、ポリネシアンセックスを単なる原始的なセックスと捉えている場合は、大きな勘違いと言えます。ポリネシアンセックスが、快楽以外にもたらすメリットを初心者の方向けに詳しくご紹介します。

リラクゼーションとストレス発散

仕事や家事などに追われる毎日では、ゆっくりと自分を休める時間は少ないものです。夜眠っても寝不足である、休憩しても疲れが取れない重度の疲労には、一度日常を忘れて心身ともにリラクゼーションする時間が、ピンポイントで効果があると言われています。ポリネシアンセックスでは、時間をゆったりと使う余裕、快感をじわじわと上げて行くスリル感、そして最高のセックスに至るというストレス発散効果があります。ポリネシアンセックス中にあるボディタッチやボディランゲージは、言葉よりも温もりや感触を大切にした触れ合いです。愛情がじっくり伝わる抱擁は、緊張した気分をほぐします。女性ならば、男性に触れて包まれているだけでリラクゼーション効果が体感できる筈です。

セックスレスの改善効果

ポリネシアンセックスの強みである、射精よりも精神面での繋がりを重視したセックスは、セックスレス気味である男女関係の改善効果も期待出来ます。セックスレスは様々な要因がありますが、忙しくて時間が持てない、セックスしたい気分になれない、相手への愛情が薄れている、異性として見られないなどが挙げられます。セックスレスは、セックスに対するマンネリや興味の薄れが大きいので、ポリネシアンセックスの様な斬新なセックス方法は、関係に新鮮さを呼び、また焦らないゆっくりとした時間が気分を無理なく高めて行きます。セックスレスに悩むカップルは、是非ポリネシアンセックスのやり方を覚えて、チャレンジしてみて下さい。

女性の性交痛の改善

セックスをする時に、スムーズにペニスを膣へ挿入するには女性の膣が濡れている事、緊張がほぐれて柔らかくなっている事が必要です。女性がセックスに乗り気でない、男性の愛撫が不十分である、性的に興奮していないと膣は固く、男女ともに性交痛を感じてしまいます。矢張りセックスで「濡れなければいけない」という女性の焦りが、余計に性交痛を呼んでいると言えるでしょう。ポリネシアンセックスによる、とてもゆっくりなセックス方法は、女性の緊張や羞恥心をほぐし、性的期待を積み重ねていく方法です。じっくりと興奮を呼び覚まして行くので、いざ挿入に至った時、膣が今まで以上に濡れて洪水状態、というケースも珍しくありません。女性の膣がよく濡れていると、男性も普段以上に気持ち良いセックスが楽しめます。

イく快感は通常より数倍以上

ポリネシアンセックスでしか経験できないオルガズムは、普通のイく感覚よりも数倍以上と言われています。ポリネシアンセックスは、愛撫や精神面での繋がりで数日という時間を費やすので、いわば一般的には2~3時間で終わるセックスを、数日かけて行っている状態になります。全ては精神と体の充足感のため、必要以上に性的興奮をかき立てない愛撫期間が終わり、いよいよセックスで交わる時には、女性なら交わる前からすでにオルガズムに近い状態に入るとも言われています。体がとても敏感になり、心も蕩けている状態です。男性の指がただ髪に触れる、相手の息遣いを感じるだけで既に震えるほど気持ち良いなんて、滅多とない体験です。ここから挿入によるオルガズムは、まるで長時間イき続けているような感覚に変貌するのです。

ポリネシアンセックスをするパートナー

ポリネシアンセックスをするパートナー

ポリネシアンセックスをするには、まずパートナーが必要です。オナニーでは味わえない程の、極上の快楽を楽しむに必須なパートナーとのセックスは、お互いにまずセックスしたい意思があり、片方だけがやりたいというアンバランスにならない相手が必須です。彼氏や夫とセックスするか、または相手が居ない場合は、セックス好きで一緒に取り組んでくれる大人男性のセフレを作り、数日かけて少しずつ逢瀬をして、ポリネシアンセックスに取り組む方法があります。

彼氏・夫

彼氏や夫が居る女性は、まず彼氏や夫にポリネシアンセックスをしたい旨を伝えてみましょう。男性はポリネシアンセックスについて知らない場合が多いので、此方の記事を一緒に紹介すると効果的です。普通のセックスとの違い、どれだけの期間を使うか、メリットはどんなものか、純粋にセックスを楽しみたい気持ちを素直に伝えましょう。例えお互いに忙しくて、1日1時間しか一緒の時間が取れなくても、ポリネシアンセックスは出来ます。いつも以上にボディタッチやボディランゲージを増やし、触れるだけで良いので、順を追って性欲や昂りを持ち上げて行きましょう。実際に彼氏や夫とセックスする日を決め、少しずつ触れ合いを増やせばOKです。

ナンパ待ちして知り合った男性

彼氏や夫がいない、決まったパートナーは居ないけれど相手探しがしたい、という女性は、ナンパ待ちして知り合った男性と深い仲になり、やがてポリネシアンセックスへ持ち込む方法があります。ナンパ待ちで使われる場所は駅前や繁華街、居酒屋やクラブ、1人飲みできるバーなどがあります。お酒好きの女性であれば、同じくお酒好きの男性と知り合って、酔った勢いで良い関係に発展する事もあります。しかしお酒の席でセックスしたいと思う男性は、スローセックスよりも、直ぐにラブホへ行ってセックスしたい意識が多いもの。ラブホに行ってセックスはしつつ、ポリネシアンセックスにも興味を持って持たせる事で、スローセックスも楽しめる関係に進めるでしょう。

SM会員制クラブで知り合った男性

SM会員制クラブとは、文字通りサドやマゾ性癖を持った男女が客として集まる、アブノーマル性癖専用のバークラブです。入会制で審査があり、メンバーになると初めて利用出来ます。年齢層は高めで、40~60代の世代が利用しています。単独女性の場合、人気なので男性から言い寄られる事はあります。SM会員制クラブで知り合った男性と、デートを重ねてやがて体の関係になり、ポリネシアンセックスに及ぶチャンスはあります。しかしSM会員制クラブを利用する富裕層の男性は、仕事などで多忙な事が多いため、じっくりとしたポリネシアンセックスに理解がある人は少ないかもしれません。どちらかと言えば、サディスティック、マゾヒズムの痛気持ち良い即物的なセックスを求めるので、性的な好奇心はあってもメンバーからお目当ての男性を探すには、SM会員制クラブに通う必要があるでしょう。

出会い居酒屋で知り合った男性

出会い居酒屋は、男女の知らない客同士を同じ席で同席し、マッチングするという出会いの縁を結ぶサービスの居酒屋です。男性は30分飲み放題1500円、女性は飲み放題無料のシステムが多く、女性は飲み放題無料と男性との出会い目的が人気の店です。初対面の男性と出会う率は高いので、新規出会いには申し分ないものの、いきなりポリネシアンセックスなどエロ系トークだと、男性に引かれる可能性もあります。居酒屋で出会い、知人としてスタートしてゆくゆくはセフレへと進み、ポリネシアンセックスが出来る関係を築いて行く事は出来ます。

セフレ

セフレがいる女性なら、セフレとポリネシアンセックスを楽しむのは至福のひと時になるかと思います。しかしセフレがいないという方でも安心です。セックスを、遠慮する事無く思いっきり楽しめるセフレが居なくても、セフレが欲しいと思う時に、家で居ながら簡単にセフレ募集が出来ます。会員数が多い人気の出会い系サイトや出会い系アプリを利用すれば、誰にも知られずにこっそりと、好みのセフレ男性探しが可能です。出会い系サイトは日々進化し、女性は無料、掲示板やチャットなど豊富なコンテンツ、ダイエット管理機能などやりこめる要素がいっぱいです。写真や年齢、活動エリアや相手の趣味をプロフィール一覧でチェック出来るので、正しく理想に叶った男性探しが出来てしまうのです。いいねを沢山して、反応があった男性とサイト内でメッセージ交換し、気が合えばLINEやメアド交換して、もっと深いトークへ進みましょう。またチャットがあるサイトなら、アダルトトークも出来るのでドキドキしながらセフレ探し出来ます。

参考記事

セフレ募集に最適なサイト


女性がポリネシアンセックスを楽しめるセフレを募集するのはとても簡単です。しかし、安全な環境でパートナーを募集しないといけません。その為には、信頼できるサイトを利用する必要があります。以下のサイトは運営履歴が10年を遥かに超えるサイトばかりなので、女性が安心してセフレを募集できますので、ポリネシアンセックスを楽しめるセフレを見つけて快適なセックスライフを過ごしてください。

PCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

創設15年以上の老舗の運営実績、掲示板、日記、チャット、プロフィールが充実していて、参加会員数1,000万人を超える優良出会い系です。あなたの出会いに役立つサイトです。


Jメール

18周年を迎えたJメールは老舗サイトとしてアダルト色の濃いコンテンツを配信、全国のパートナーを気軽に一括検索ができ便利。24時間365日のサポートがあるので安心して使えます。


ハッピーメール

累計登録数1700万を数えて、20年を迎える有名な出会い系サイトです。検索機能やメッセージ機能が豊富なので、好みのお相手を見つけたら、豊富な返信機能で盛り上がれます。


ワクワクメール

1000万組のマッチング実績のある巨大サイト。着せ替えをしたアバターを自分の分身として楽しく交流が楽しめます。日記を書いてみんなと繋がる事もできる多機能サイトです。

1000万組のマッチング実績のある巨大サイト。日記を書いてみんなと繋がる事もできる多機能サイトです。着せ替えをしたアバターを自分の分身として楽しく交流が楽しめます。


YYC

YYCをはじめとしていろんな出会いアプリの運営を手掛けるDiverseという会社は、多様なマッチングアプリや婚活アプリを数多く運営する出会いアプリの総合企画会社です。

おすすめ出会い系サイト一覧

上記のサイトが安心して利用できる理由

優良出会い系サイトには、優良といわれる理由があります。まず初心者にも扱いやすい操作性です。新規登録から実際の利用開始まで、順を追ってチュートリアルで説明してくれます。そして新規会員登録時に、男女ともに本人確認書類のチェックがあります。チェックと言っても、免許証などの必要な部分だけを撮影した画像を、サイトに送信するだけで審査が行われます。本人確認は、未成年混入の防止、悪戯目的やルールを守らないユーザーの防衛策になります。また会員登録後も、しつこいストーカー行為や相手を誹謗中傷するといったユーザーは24時間体制で通報でき、安心して活動が出来るのです。直ぐに音声通話やチャットが出来る出会い系アプリはどうしてもユーザーが低レベルになりますが、優良出会い系サイトなら安心して、女性は出会い探しが楽しめます。

ハッピーメールでセフレを募集する流れ

ハッピーメールは累計登録者数が2000万人を突破した老舗の出会い系サイトです。会員数が多いと言うことは、異性との出会いの数も多いと言うことです。ハッピーメールではまず会員登録を行います。プロフィールや年齢、エリアなどを入力した後に電話番号の登録がありますが、これは不正な2重登録などを防ぐ用のシステムなので、しっかりと登録しましょう。勿論、他の会員も登録しているので安心なのです。早く効率良く、大人のセフレ男性を見つけるには2つの方法があり、気になった男性に女性から沢山いいねして、反応があった人の中からお相手を見つける方法と、ハッピーメールの掲示板を使って、女性が募集する方法です。大人の掲示板は、アダルト向きの掲示板ですが、短時間でも投稿すれば男性から必ず反応があります。タイトルは、一緒に楽しみたい、2人で気持ち良くなりたい、などのタイトルで男性側も察します。詳しい話は、矢張り実際のやり取りで伝えるとOKです。女性が複数の男性と交流し、複数のセフレ男性を作っても、恋人ではないので何ら問題はありません。

18歳未満利用禁止

出会ってからポリネシアンセックスをするまでの流れ

セフレ男性と仲良くなったら、いよいよポリネシアンセックスのスタートです。ポリネシアンセックスは、体温の触れ合い、男女の精神的な繋がりを重要視したセックス方法です。デートをして準備期間の時は、たっぷりと触れ合ってお互いの体温を感じ、そして5日目の本番セックスでも、出来るだけ体が密着した体位がお勧めです。体が密着する体位は、正常位、対面座位などです。バックスタイルは、深く挿入されて気持ち良いけれどスローセックスには不向きの体位です。女性がポリネシアンセックスのやり方を、セフレ男性に教えてあげましょう。そして挿入は正常位や座位が良い事を伝えて、気持ち良いスローセックスへ導きます。普段よりも多めの、異性からのボディタッチに男性側の期待も膨らむ筈です。

セフレとポリネシアンセックスをする注意点

出会い系サイトで出会ったセフレと、ポリネシアンセックスをする注意点としては、矢張りポリネシアンセックスの期間と時間配分と言えます。夫婦であれば毎日会うので、短時間の愛撫でポリネシアンセックスが可能です。セフレの男性とは、毎日会える訳ではありません。そこでポリネシアンセックス事体の合計日数を3日とし、1日目のデートで手繋ぎや軽いボディタッチだけ、2日目のデートでキスやハグを加える、3日目のデート本番セックスで挿入する、と計画を立ててみましょう。セフレ男性にとっては、早く女性と抱き合いたい、愛し合いたい、と感じるかもしれませんが、そこは女性側が説明をして、最終日に最高のセックスになるよう2人で楽しむ約束をしましょう。5日間を費やすのが難しいのであれば、仕事後の食事デートや散歩デートを重ね、3日目に最高の快楽を手に入れる事が、大人のセフレ男性とポリネシアンセックスを楽しむやり方です。

まとめ

まとめ

ポリネシアンセックスは、温暖なポリネシアン地方で行われてきた伝統的なスローセックスです。挿入して射精するだけのセックスよりも、体の触れ合い、慈しみ合い、体温の受け渡しや精神的な繋がり、リラクゼーションに重きを置いた、忙しい現代人に新しいセックス方法です。1~4日の間は挿入せず、ボディタッチやハグ、キスと言った優しい触れ合いに留め、徐々に性への昂ぶりを上げていく方法は、焦らず、時間に身を任せてとても気持ち良い時間になります。5日目の本番セックスでは、挿入したまま動かず体温を感じるなど、男女ともに気持ちの充足感を大切にします。夫や彼氏がいる女性はパートナーと、いない女性だってポリネシアンセックスに理解がある、大人のセフレ男性とトライすればOKです。セフレ男性を探すなら、本人確認があり365日24時間管理体制がある優良出会い系サイトで探す方法がマストです。折角のポリネシアンセックス、一緒に楽しめる男性と関係を結んで、最高の快楽と魂の開放を感じてみましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みけこ

性別:女性 自己紹介:出会い系サイト利用歴10年のアラサーOL。過去10年で付き合った彼氏はすべて出会い系サイトからの出会いで、現在も新たな出会いを探して日々出会い系サイトを複数活用中。趣味はショッピング、ベリーダンス、猫の世話。

-セックス, 女性向け, ノウハウ・豆知識
-,

Copyright© Secret Lover , 2019 All Rights Reserved.