相席屋のシステムを調べてメリットやデメリットについて考えてみた

投稿日:2017年7月6日 更新日:

男女の出会いの場として注目を浴びている相席屋。相席居酒屋とも呼ばれることもありますが、本当に出会うことが出来るのか、タイプのお相手はいるのか気になりますよね。相席屋の仕組みや利用者の特徴、メリット・デメリットなどを解説します。

相席屋とは?

相席屋とは、相席した異性のお客さんと出会える飲食店のこと。ほぼ間違いなくお酒を飲むことになりますので、相席居酒屋とも呼ばれたりしますが、男女の出会いの場として注目されています。新宿や渋谷などの繁華街を中心にお店が増えていますが、地方都市にも店舗が広まっており、出会いを求める男女の多さが伺えます。

相席屋のシステム

相席屋は同性2名以上でないと入店することが出来ない事がほとんどです。男性ならフラッと一人で行くときもあるかも知れませんが、一人で参加する女性はまずいないだろうということで、原則的には同性の友達を連れて行く必要があります。カップル同士の入店ももちろんNG。相席屋に行ってみたいけど一人では勇気がないという人は多いので、一緒に行く相手は意外と簡単に見つかるのでは無いかと思います。

相席屋の利用料金

料金体系はお店によって違うものの、基本的には女性は無料。男性は相席になっている間は30分毎に1500円の料金が発生するというパターンが多いようです。飲み物だけでなく食べ物まで無料になるので、女性側から考えると非常にお得。男性の料金は安くはありませんが、ガールズバーやキャバクラに行くのに比べれば遥かに安く、出会いに繋がる可能性を考えれば妥当なのではと思います。

相席屋の食べ物・飲み物について

お店によって違いはあると思いますが、多くの相席屋では食べ物・飲み物がセルフサービスになっています。食べ物はビュッフェスタイルになっておりお店が多いでしょう。

お酒までセルフサービスというのも少し珍しいですが、男女の出会いに優先順位を置いているため、料理やお酒の質にはあまり期待しない方が良いかも知れません。

相席になったお相手がお酒好きだったり、お腹が空いてそうだったりした場合は、近くの美味しいお店に誘い出す口実にもなります。お酒や料理は相手との距離を近づけるための手段だと考えることをおすすめします。

相席屋を利用するのはどんな人?

相席屋を利用する人について解説します。

相席屋を利用する男性について

相席屋を利用している男性は、真剣にお相手を探しているというよりは、以下のような2種類のタイプが多いでしょう。

・ワンナイトラブを求めて利用している
・話題になっているからなんとなく来てみた

彼女がいるという男性もいますし、友達の付き合いで仕方なく来ている場合もあるでしょう。全員が全員そうだとは言いませんが、お持ち帰り狙いのギラギラした男性も少なくないようです。20代~40代の利用者が多いようですが、中には当然既婚者もいるでしょうし、健全な出会いを求めている男性の割合は高くないでしょう。

相席屋を利用する女性について

男性に比べると真剣な出会いを求めている割合が高いように思える女性。ただしお酒や料理が無料であることから、ご飯を食べるために利用している女性も一定数います。

20代~30代の女性が多いように思えますが、いかにも遊んでいそうなギャルっぽい人から、真面目そうなOLさんまで利用者の様子は様々。興味本位で利用してみたという女性も、友達の付き合いで仕方なく来ている彼氏持ちの女の子もいるでしょう。

相席屋の攻略について【男性編】

相席屋を攻略するための男性側のコツを解説します。

利用する曜日や時間帯を工夫する

金曜日の夜や土日はライバルの数が多いだけでなく、女性の質も低い可能性があります。相席屋側にとっては一定数の女性を確保することは必須なのですが、華金や土日は呼び込みをしなくても勝手に女性が集まってしまう。

それに対して平日の夜であれば、男性の満足度を高めるためにもなるべく質の高い女性を呼び込もうとします。可愛い女性をお客さんとして確保することが出来れば男性からより多くのお金を引き出せるでしょうし、リピーターになってくれるかも知れませんからね。

時間が遅くなると女性の数も減ってしまう可能性がありますし、ライバルの男性が増えるので、お店が開店してすぐの時間に相席屋に入店したほうが良い女性と出会える可能性は高くなると言えるでしょう。

店員さんと仲良くなる

相席屋というビジネス形態において、店員さんは敵ではなく味方。例えばキャバクラなどの場合、男性客から女性を守るのが店員さんの仕事。言わば男性の敵だとも言えるのですが、相席屋の場合、女性はあくまで通りすがりの人ですし、守る義務もありません。

むしろお持ち帰りしてもらったほうが男性の満足度アップ・リピート率向上に繋がりますし、女性からお金が取れない以上は男性客の確保は非常に大切な問題。店員さんと仲良くなると”良い女性”が入店した時に教えてくれたり、相席の手回しをしてくれることもあるようです。男友達を連れて行ったりしてお返ししてあげれば、店員さんと良好な関係が築けるでしょう。

柔軟に対応できる服装で望む

会社帰りにスーツで相席屋に行く。男性のスーツ姿にトキメキを覚える女性もいるとは思いますが、相手の予定が既に決まっている場合、柔軟に対応できない可能性があります。

例えば、クラブに行くまでの時間つなぎとして相席屋を利用している女性と仲良くなった場合。そのまま一緒にクラブに行って、あわよくばお持ち帰り出来るかも知れないところを、スーツが足かせになって諦めざるを得なくなる可能性があります。

なお、相席屋での服装は相手から不快に思われないような無難なものが良いでしょう。加点ポイントを増やすというよりは、減点されるポイントを減らした方が、短時間で結果を出す必要がある相席屋攻略には効果的です。

年齡を微調整する

お店によっては本人確認書類の提出が必要になる場合もありますが、ある程度サバを読んでも大丈夫なお店なら、微調整するのも一つの手段。絶対ではありませんが、ある程度年齡の近い異性同士を相席にする方針の相席居酒屋は多いので、あなたが年下好きなら年齡を低めに、年上好きなら年齡を高めに申告すれば、要望が満たされる可能性があります。

もちろん一緒に行く同性の友達との兼ね合いもあります。年上好きなら年上好きの相方を、年下好きなら年下好きの相方を見つけられればベストですが、お互いの好みが違う場合は、どちらに寄せるかを隔日で入れ替えたりして、どちらか一方が不満を抱かないように気配りしましょう。

経過時間をチェックする

相席屋の料金システムは冷徹です。30分を過ぎれば容赦なく利用金額は上乗せされてしまうのでご注意下さい。女性は時間を全く気にしないので、男性が経過時間をチェックするようにしないと、思わぬ出費を強いられるかも知れません。

お店によっては会計が終わるまでを含めて30分という場合もあり、実際には25分程度しか女性と話せない可能性も。利用料金とシステムに関してはしっかりと説明を聞いて、少しでもコストを抑えられるように気をつけて下さい。

記念日を狙ってみる

クリスマスやバレンタインデーなどのイベント日は相席居酒屋を利用するチャンス。女性は運命的な出会いを常に期待しているので、例え出会いのキッカケが相席居酒屋だろうと、一気に近づけるチャンス。

極端な話ですが、一人でクリスマスを終えるくらいだったこの人と一緒に…と言う思考回路が働く可能性もあるのです。年に何度もそのようなイベントがあるわけではありませんが、覚えておいても損は無いでしょう。

いきなりお持ち帰りを狙わない

いきなりホテルに誘ってあっさりついてくるような女性はまずいないでしょう。一緒に来ている友達の目もありますし、まずは別のお店に連れ出すのが定石。それが難しい場合は連絡先の交換を提案しますが、連絡先が交換できたからと言って返事が来る可能性はあまり高くないでしょう。

その場で断るのが面倒、相手を傷つけないようにと思い連絡先を教えてくれる女性はいるものの、実際にその気がある確率は半分にも満たないでしょう。とは言え連絡先を交換しておいて損は無いので、もしも良い相手と出会えたらまずは2軒目の提案をする。無理そうならせめて連絡先だけでも聞いておくようにしましょう。

2軒目は近くのバーやカラオケなどが定番ですが、ほとんどの女性は”軽い女”だと見られたくないと思っているので、簡単にラブホに連れ込めるとは思わないほうが良いでしょう。

一緒にいる時間を長くして親密度を上げ、次は二人きりで会ってもらえる確率を上げる。そのようなアプローチの方がセックスできる可能性は高いと思います。もちろん顔やトークに自信があれば出会ったその日にワンナイトラブ出来るかも知れませんし、そのつもりで相席屋に来ている女性も一定数いるでしょう。

あわよくばホテルに連れ込む意識は持ちながらも無理強いして次のチャンスを潰すことが無いように、相手の様子を見極めながらアプローチして下さい。

相席屋の攻略について【女性編】

女性の立場から見た相席屋の攻略について解説します。

利用する時間を考える

女性の場合はお持ち帰りを狙っている男性をなるべく避けることが重要になると思います。お持ち帰りされても良いなら話は別ですが、夕方のなるべく早い時間の方がいきなりホテルに連れ込もうとしてくる男性の割合は少ないと思います。

遅い時間に相席屋に行き、万が一終電を逃してしまったらお泊りコースになってしまいます。男性の誘いをうまく断れるような早い時間に利用して、その後に予定がある風を装えば望まないアフターは避けられるでしょう。

年齡を微調整する

男性と同じように、好きな相手の年代に合わせて年齡を微調整するのは有効でしょう。年齢確認の無いお店に限りますが、低めに申告しておけば年下の男性と、高めに申告すれば年上の男性と相席になれる可能性が少し上がると思います。

一緒に行く友達と打ち合わせしておく必要はありますが、相方があまり主張しないタイプなら自分の意見を強く言ってしまっても良いかも知れませんね。

料理やお酒にも期待しすぎない

お酒や料理の質よりも男女の出会いに焦点を当てている相席居酒屋。女性は無料と言うこともあり興味本位で利用したいと思う女性も多いでしょうが、あまり期待はしないほうが良いでしょう。相席屋の料理があまりに美味しかったとしたら、ご飯目当ての女性ばかり集まってしまいますよね。

男性側からすると時間の無駄でしか無いご飯目当ての女性。必然的に男性客の脚は遠のき、お店の利益も上がらなくなってしまいます。と言っても料理やお酒がひどいと言う意味ではありませんので、そこそこのものが提供されると程度に思っておいたほうが良いでしょう。

相手の男性に期待しすぎない

相席になる男性に関しては運の要素が大きいです。同じお店でも時間帯によって客層は変わるでしょうし、どんなお店にも厄介な男性客は存在するでしょう。ワンナイトラブの事しか考えていないようなガツガツ系の男子や、逆にほとんど会話が盛り上がらないような地味系男子と相席になることもあるでしょう。

良い感じに会話が盛り上がったと思ったら相手は彼女持ちだったとか、既婚者だったという場合すらあるかも知れません。相席屋は確かに男女の出会いのキッカケにはなりますが、その出会いがどのように進展するかは何とも言えない部分があります。良い相手と相席になれたら自分から連絡先の交換をするような積極性を持っていても良いかも知れませんね。

また、どんなに合わない相手だったとしても”チェンジ”することは出来ません。お店のシステムにもよりますが、少なくとも30分は拘束されると思っていたほうが良いです。好みの相手がいたら自分から声をかけられる婚活パーティーと比べて、自由度は低いと言えます。その分女性は無料なので仕方ないと思い、良い相手がいたらラッキーだと気楽に構えて利用したほうが良いと思いますよ。

相席屋のメリット・デメリット

相席屋のメリットやデメリットについて解説します。

男性から見た相席屋のメリット

キャバクラやガールズバーと比べれば遥かに安い価格で、しかも女性を口説くことがOKである相席屋。積極的にワンナイトラブを狙っている男性にとってはかなり良い出会いの場かも知れません。初対面の女性と会話をするというトレーニングには少なくともなりますし、運が良ければ若くて可愛い女の子と相席になれるかも知れません。

男性から見た相席屋のデメリット

ご飯目当ての女性が一定数いることと、好みの相手と相席になれる保証が無いことは大きなデメリットでしょう。また相方の男性が気になってしまいガツガツ行けない可能性もあるので、一人参加もOKな婚活パーティーなどのほうが積極的になれる男性も多いかも知れません。

キャバクラやガールズバーに比べれば料金が安いとは言っても、相手の女性はプロではありません。こっちの話を無視して女子同士で盛り上がったりとか、スマホをずっといじっているなんて事もあるかも知れないので、支払ったお金に対するリターンが十分に得られる保証は無いと言うのがデメリットでしょう。

女性から見た相席屋のメリット

街コンや婚活パーティーの場合、女性側も参加費が必要なことがほとんど。男性に比べればその金額は安いと思いますが、相席屋ほど露骨な女性優遇は無いでしょう。無料でご飯もお酒も楽しめるのが一番のメリットだと言えるでしょう。仮に好みの男性と相席になれなくても、ガツガツ口説いてくる男に嫌気が差しても、無料だと思えば我慢できるのでは無いでしょうか?

女性から相席屋のデメリット

好みの相手と相席になれる保証はありませんし、相方の女性を気にして積極的になれない可能性があります。お酒と相手の勢いに負けてしまい望まないワンナイトラブを迎えてしまうかも知れませんし、真剣に恋人を探そうと思っている女性にとってはデメリットの方が大きいように思えます。

男性と話す訓練として割り切ったり、相席屋はどんなものなのか体験したりするのは良いと思いますが、過度に期待しすぎると失望も大きくなる可能性があります。

相席屋と出会い系サイトのどちらが出会える?

相席屋と出会い系サイトのどちらが出会えるかを解説します。なお、ここで紹介している”出会い系サイト”とは、年齢確認のしっかりした、サクラの少ない良質なサイトのこと。無料で使える得体の知れないサイトの事ではありませんのでご了承下さい。

おすすめ出会い系サイト一覧

PCMAX
Jメール
ハッピーメール
YYC
ワクワクメール

出会い系サイトよりも相席屋をおすすめするのはこんな人

・メールやLINEが面倒に感じる人
・まずは直接会って話をしたい人

会うことさえ出来ればホテルに行く可能性が高い出会い系サイト。実際に会うまでは相手の顔・声・姿形が分からないのが一つのデメリットですよね。そもそも本当にその相手が存在しているのか、実際に会うまで不安だと思います。それに対して相席屋は実際に会った上で次のプロセスに進むので、メールやLINEでのやり取りがまどろっこしいと感じる方には良いでしょう。

相席屋よりも出会い系サイトをおすすめするのはこんな人

・なるべくコストを抑えながら出会いたい人
・同性の友達がいると気を使ってしまう人
・どうせ会うなら最初から1対1が良い人
・メールやLINEで親密度を高めてから会いたい人
・スキマ時間を有効に使ってお相手探しをしたい人
・トークで相手を落とせる自信が無い人
・ワンナイトラブのお相手をお探しの方
・セフレを探している方
・一人の夜が寂しい女性

以上のような方は相席屋よりも出会い系サイトを使ったほうが良いでしょう。会ってみたら想像していた相手と違っていた…というリスクはありますが、コスト面でも優れており相席屋よりも利用のハードルが低く、お相手候補が数え切れないほどいるのが大きなメリット。

ワンナイトラブのお相手を探している男性にも、一人の夜が寂しい女性にもおすすめの出会い系サイト。サイトの選び方やお相手探しには少しコツが必要ですが、相席屋で相手との親密度を上げるコツを掴むよりも遥かに簡単だと言えるでしょう。

相席屋がどんなものなのか体験してみることは悪くないと思いますが、効率的に異性と出会いたいなら出会い系サイトを使うことをおすすめします。

相席屋についてまとめ

男女の出会いの場として脚光を浴びている相席屋。どんなものなのか利用してみるのは良いと思いますが、本格的にお相手探しをするなら出会い系サイトの利用がおすすめです。当サイトで紹介している出会い系サイトに登録して、あなたの目的に会った異性を探してみませんか?

The following two tabs change content below.

エロ狸

性別:男性 自己紹介:出会い系サイトや出会いアプリを知り尽くしたネットナンパの達人。 ネットで数しれないほどの女性をナンパしてセフレ化した実績を誇る。 ネットナンパには自信があるが、街でナンパする勇気がないのが弱点。

-ノウハウ・豆知識

Copyright© Secret Lover , 2018 All Rights Reserved.