デートクラブに興味を持つ男性に知ってもらいたい交際クラブの全て

投稿日:

デートクラブとは?

デートクラブとは?

デートクラブとは、会員登録された男性に対して、予めインターネットなどで宣伝して集めた女性会員とのデートを手配してくれる事業体です。デートクラブは別名で交際クラブとも呼ばれます。ちなみに、デートクラブという仕組みは風俗店の類いではありません。自由交際の仲介やセッティングをするのが仕事です。

しかし、女性会員を男性会員に紹介する組織あるいは店舗と聞きますと、ダークなイメージが強くなるかも知れません。ところが、デートクラブを営業するためには公安委員会への届出が不可欠です。デートクラブの殆どが20歳以上の会員制で、モラルを重視した場所ですので、闇営業や違法な事業所などありえません。

しかも、デートクラブを営むにはホームページを開設していないと話になりません。殆どの店舗や事業所にオフィシャルホームページは存在しています。会員登録を行う際は、男性だけでなく女性とも面談をしており、会員として相応しくないと判断されれば、入会を断られる場合もありますので秩序が成立しています。

デートクラブを利用する流れ

大前提としてデートクラブは、宣伝活動の範囲が法律によって制限されているため、会員になる方法はインターネットから検索するなど、自ら見つけ出すことが通常です。先述しました通り、ホームページが無いと成り立たない事業ですので、そのホームページ内にある応募枠に必須事項を入力してメールを送信します。

メールの返信があれば、持参するものを確認した上で、登録予定の日時と合流場所を決めます。男性の登録希望者に対して、カフェやホテルのラウンジを利用することが、初回は多いとされています。書類と面談が合格であれば入会を認められます。今後のことに関しましては、次の各項目別でご教示させてもらいます。

デートクラブのシステム

会員登録が終わりましたら、デートクラブ会員専用のIDとパスワードを発行してくれます。そのIDとパスワードを使用して、女性会員のプロフィールた動画などが見れます。気に入った女性が見付かりましたら、デートクラブにオファーの依頼をして、選んだ女性会員のデートが可能な日時や場所等を確認して頂きます。

約24時間以内には返信がありますので、決まりましたら、デートの当日を後は待つのみです。念のために書き添えますが、面談時に必要な書類は顔写真付きの身分証明書です。もちろん登録する時は入会金も必要です。そのデートクラブによりますが、紹介料やセッティング料も前払いになりますので心構えが必要です。

デートクラブの料金相場

そのデートクラブによって変わりますが、料金システムの平均相場を記します。最も低料金のデートクラブで入会金が一万円、紹介手数料(※セッティング料)が一万円、平均相場は入会金五万円前後で、紹介手数料も五万円前後は必要です。他にもデート毎に、女性への交通費として別途で五千円から一万円が必要です。

注意点としてですが一度、支払った金銭に関しての払い戻しはありません。一度成立したセッティング料に関してはキャンセル料も返金されませんが、女性側の理由でデートをキャンセルしてきた場合は、別の女性を無料で一人紹介してくれます。それ以外に、年会費が必要なデートクラブもあり、特別会員になりますと数十万円以上は要るそうです。

デートクラブ男性会員の特徴

デートクラブに入会している男性会員の特徴は、高い年収額を得ている方で社会的にも信用される立場の人物が多いです。その内の約九割の方が年収一千万円以上と言われています。職業的には、弁護士・医師・実業家・大企業の役員・店舗経営者などの方が最も多く、その年齢層は30代後半から50代前半がメインです。

全体的にデートクラブに入会されている男性は、身元や社会的地位も明確である方が殆どです。従いまして、トラブルを起こしたり揉めるようなことは滅多にありません。デートクラブ側が登録時に男性と面談するのも、人間として最低限のマナーや常識を備えているか否かを、チェックするためだと囁かれております。

デートクラブを楽しむには?

デートクラブで楽しむ方法は多々ありますが、まず初対面の時にホテルの内や外で待ち合わせるより、最初は食事が可能な店内で合流する形のほうが、スマートで紳士的でしょう。それに、色んな話をしながら相手の雰囲気や食べ方などを見て、育ちの良さを確認したりするほうが、後々の楽しみも増すということです。

それから、何よりも交際クラブのシステムで良い部分は、お互いに初回のデートで気に入って再会したいという意志が芽生えれば、その先は自由恋愛となる点です。それ以降の関係性について、デートクラブ側は一切関与致しません。お互いの条件を照らし合わせて、合致すれば連絡先の交換をして自由に交際できます。

デートクラブで愛人を期待している方に

お金を使ってでも愛人が欲しい男性

デートクラブを利用する動機は色々と思いますが、お金を使ってでも愛人が欲しいという男性について、これより記述していきます。基本的にデートクラブから紹介される女性は、容姿やスタイルが抜群に良くて内面も優れています。非常にハイレベルと言えますので、高確率で理想に近い女性が見つかると思われます。

心しておくべき部分は、交際クラブに登録している女性は、お小遣いが貰えることを期待して、会員になっていると予め想定しておきましょう。その女性によって色んな思いや考え方、目的があってデートクラブに入会しているはずです。さて、それでは愛人が欲しい男性に対して、アドバイスをご教示させて頂きます。

デートクラブで愛人を探す意義

デートクラブで愛人を探す意味については、その男性によって異なりますので、確実なことは言えません。ですが普通に察しますと、40代や50代になり経済的に余裕が出てきても、ハイレベルな美女と愛人関係に発展するのは至難の業です。ところが、デートクラブに入会すれば、現実になる可能性が相当に高まります。

しかし、デートクラブ会員の女性とデートを楽しんだ後、愛人という関係へと発展させるには、女性には余裕のある態度で意識的に接することが肝心です。逆に「大人の交際など無くてもいいよ」と突き放すぐらいのほうが、理想の展開にコトが運ぶ気がします。妙な期待を抱くと、失望することが多くなると感じます。

愛人がいる男性の特徴

実際に、愛人が現存しているという男性の特徴は、既婚者で経済的にも豊かである方が多いと言えます。デートクラブで知り合い、その女性と長期に渡り愛人関係を締結している男性も増加していくと考えられます。ですので、お金を使ってでも愛人が欲しいという男性には、デートクラブは最適な環境であるはずです。

経済力があればあるほど、デートクラブ側よりハイレベルな女性とのデートを、セッティングしてもらえますし何かと有利です。要するに、心から愛人を求めているお金持ちの男性は、デートクラブに入会することで願望が叶えやすいと言えます。それに現状況であれば、ハイレベルな女性を入れ食い状態という噂です。

愛人のお手当の相場

まず、デートクラブでは一回のデートにつき、最低でも交通費という名目にて約一万円は無条件で必要となります。初回のデート以降は、本人同士の話し合いになりますので、愛人という関係を締結しても構いません。極論ですが、男性会員の言い値を女性側が受け入れるかどうかで、関係性決定すると言えるでしょう。

とはいえ、お手当の一般的な目安ぐらいは知っておきたいはずですので、デートクラブの利用経験者を主とした、某調査結果を総合して平均を割り出したモノを参考に記します。大体ですが月契約のケースで、週一回ペースの一日中一緒に居るパターンなら、約二十万円から四十万円です。中には七桁の男性もいました。

愛人がいるメリット

デートクラブの女性会員ともなれば、容姿端麗でスタイルも良い人が多く、世間で言うとこのハイクラスな女性です。そのような女性を愛人にすれば、仮に月一度だけでもデートを楽しめれば、生き甲斐すら感じます。愛人という存在は、配偶者が居る男性であれば、配偶者に対して優しくなれるという利点もあります。

何故かと申しますと、男性心理を考慮すれば人生を共に歩んでいる女性を、裏切っているという背任感から、優しく接するものと考えられます。それに、デートクラブに入会しているトップレベルの女性は目を疑うほどの美貌です。そんな愛人と一緒に居れば、何処でも注目されるため優越感に浸れる点もメリットです。

愛人がいるデメリット

このことは、デートクラブの会員であることや、愛人が会員であることも関係ありませんが、配偶者が居る男性の場合は、浮気バレのリスクが高まるというデメリットがあります。それに、愛人ができるまでデートクラブに支払う料金や、愛人ができてもお小遣いを渡すなどの、経済的な負担はデメリットと思われます。

でも余談ですが、驚くほどの美貌とスタイルを誇る女性を愛人にしても、年月が経てば性的な興奮の度合は下降します。他人が見て羨むほどの女性を、愛人にしているのにも関わらず、その相手では男性器の反応が鈍くなります。それでいて地味な普通の女性の下着姿を見て、興奮するという感覚麻痺もデメリットです。

デートクラブの女性会員

デートクラブの女性会員

昨今では、女性のデートクラブ入会登録者は増加傾向にあるとのことです。その理由は様々ですが、一言でいうとパパ活を目的とすしてお小遣い稼ぎを考える女性が多くなっているのも要因の一つでしょう。実際にイイ思いをしたという話を、何処からか見聞きしたと考えられます。そのパパ活の意味合いも、かなり認識が変化しています。

デートクラブの存在を間違った解釈で捉えれば、援助交際と勘違いされることもありますが、それは単に想像で決めつけた偏見でしかありません。ですが、セフレや枯れ専女子、玉の輿に乗るのが目的の女性も、デートした男性から(※本人の自由で断れます)お小遣いを貰えると意識している会員が多いことは確かです。

デートクラブ女性会員の特徴

当然そのデートクラブにもよりますが、デートクラブに登録している大半の女性は、筆者が知る限り容姿レベルは高いです。ただ、それは入会金の料金や利用者が支払う紹介料等の金額にも比例しています。ハイランクの女性会員には、雑誌モデルやキャビンアテンダント、現役のセクシー女優やタレントの卵も居ます。

デートクラブによっては、高級ラウンジ嬢、看護士、介護士、事務系OL、人妻やバツイチの派遣社員などが入会されている交際クラブも存在します。パパ活姫と呼ばれている、愛人希望の女性も数多く登録しております。彼女たちは、一回のデートにつき五千円から一万円の手当金が、デートクラブ側より支給されます。

風俗嬢は居ないか?

デートクラブのシステム上、風俗店と間違えられたり風俗嬢を働かせているのでは?という疑問の声や問いが多いそうです。でも考えれば判るはずですが、風俗店であれば女性にお客様を選択する権限がないことが常です。おまけに、初回以降はお客様と自由に会って良いという仕組みで風俗店が成り立つ訳ありません。

デートクラブ会員で最も設定の低い女性でも、正直に言いますと普通より少し上の容姿は求められます。つまり相撲体型の女性や、冗談みたいな顔をした女性は居ません。しかし風俗店には、それに近い女性が在籍しているお店も現実にあります。残念ながら交際クラブとは根底から異なるため風俗嬢は居ないでしょう。

サクラは居ないか?

もしデートクラブがサクラを用意したとしても、男性会員からオファーがあってから始めて、行動することになるため意味がありません。いつオファーがあるかは誰にも読めませんので、随時サクラを待機させておいても、無駄な人権費が必要になるだけです。その理由からも、サクラは意味がないので居ないでしょう。

現在これまでにないほどの情報時代です。万が一、デートクラブを利用したとして、サクラを使っていることが明らかになれば、インターネットや様々な情報源を通してバレてしまいます。そうなりますと、交際クラブ側は会員も激減してしまい、運営していくのが困難になりますので、サクラの存在は無いと言えます。

既婚者は居ないか?

デートクラブは、基本的に既婚者やパートナーが居る人でも入会が可能です。しかしながら、各会員の個人的な分野までは立ち入れません。デートクラブ及び交際クラブの仕事は、会員の男女がデートをする手解きをして、セッティングするまでとなっています。ですので、会員の方が未婚か既婚かは特に問われません。

世間ではデートクラブを誤解している方も多いと考えられますが、交際クラブという場所は結婚相談所でもなく、男女の交際を推進する仲介屋でもありません。デートクラブの男女会員の中には既婚者の方もいらっしゃいます。配偶者やパートナー等の存在があっても、他の異性と出会えて求めることが可能な場所です。

真剣交際はOKなのか?

ごく稀ですが真剣交際できる相手を求めて、デートクラブに入会する人も居ます。しかし、それほど需要は多くないと言えます。ただ、本命の異性を求めて入会することは動機として間違っていません。女性会員の中にも、本命を見付ける動機の人は居るはずです。もし真剣交際が始まり一緒になれば言うことなしです。

それに、それが現実となれば、デートクラブ側としては喜ばしい実例となり、宣伝する際の効果も期待できます。つまり誰にとっても良いことと言えます。先のことを見据えた真剣交際を求める場合、社会的地位や収入は安定していても、異性との出会いが少ない男性にとっては、本命の相手ができれば最高の結果です。

デートクラブと他の出会いとの違い

デートクラブと他の出会いとの違い

一昔前とは異なり、現代では様々な出会い方があると思います。少し前までの時代には、インターネットやスマホもありませんでした。女性と出会う手段は、もっぱらナンパや友人や知人からの紹介、勤務先などで出会う以外に無かったのです。良いか悪いかはともかく、現代のほうが女性と接触する機会はございます。

現代のような状況でも、40代以上の中高年者層になれば、女性と出会う機会や活動範囲は狭まってきます。ですので、色んな方向で出会いを求めて行動する人も多々いらっしゃいますが、思うような相手と出会えないことが殆どでしょう。そのことを踏まえて、デートクラブと他の出会い方との違いを書き添えてみます。

デートクラブと出会い系サイト

出会い系サイトで出会う場合は安い値段で、女性とのコミュニケーションが期待できる場所となっています。上手に利用すれば、費用を一切かけずに出会えることも少なくありません。しかしながら、最大の問題点としまして、必ず容姿レベルの高い理想の女性と出会える保証はありませんので、大きなデメリットです。

しかも、出会い系で知り合った女性の大半は、割り切りや援目的では無くても多少のお小遣い程度は、男性側が中高年齢層であれば期待されてしまうのが実態です。それなら、経済的に多少の余裕がある男性は、間違いなくハイレベルな女性と出会える可能性の高い、デートクラブに入会するほうが賢明だと思われます。

参考記事

デートクラブと各SNS

先述しました通り今の世の中は、女性と出会える場というのが多々あります。その内の一つとして考えれますのがSNSの存在です。SNSと言いますと、インスタグラムやフェイスブック、ツイッターやLineなどが主流ですが、それらを駆使して異性と出会うこともあります。上手くいけば、お金も一切かけずに出会えます。

ただ、ソーシャルネットサービスを活用した場合はデメリットもあります。やはり、身元バレのリスクや他の事柄で利用しにくくなる点です。ここでは詳細を省きますが、デートクラブで女性と知り合い男女の仲になることとは、内容から何から全てが違う程、全く異なりますので比べる対象にはならないと思われます。

デートクラブと婚活パーティ

全国で婚活パーティーという催しが、業者などによって実施されています。これは文字通り、表向きは結婚相手を見つけるという目的で、活動する場となっております。でも実際には、水面下で割り切り目的の女性も割と多いと考えられます。ですが事実上は、あまり出会い系と変わらない意図的なものを感じられます。

ただ、出会い系と全く違う部分は相手の容姿や雰囲気を、目で確認できて判断できる点です。出会い系の場合、写メ交換をしても実物は写メの通りとは限りません。婚活パーティ-に来ている女性を、肉眼で見れるのはメリットですが、デートクラブに登録しているハイレベルな女性会員との容姿レベルの差は歴然です。

デートクラブと結婚相談所

結婚相談所という場所は、異性との出会いが期待できない男女に、相手探しのお手伝いを有料で施してくれるスポットです。このシステムのメリットは、最初に交際相手の情報を知ることが可能な点です。例えば、職業・年収・学歴・体型・家族構成・誕生日・趣味・血液型など、あらゆる情報を得れることができます。

言い方を変えれば「お見合い」の仲介所といった感じのシステムです。とはいえ、ここでは愛人希望や割り切り希望の人は、まず居ないでしょう。全員と言ってもいいほど、結婚を希望する方しか立ち寄りません。デートクラブに求める部分が根底から異なります。要するに、一緒くたに考えるべき場所ではありません。

女性とはどのような関係を希望するのか

定期的な交際の出来る相手が欲しい男性

デートクラブを利用する男性の動機や目的は様々ですが、正直に申し上げますと本命の女性や、結婚相手を探している方は殆どおりません。そのような相手を探すのであれば、先述した婚活パーティーや結婚相談所に出向くほうが、望む相手と出会える確率が高いからです。では、どのような男性向きなのでしょうか?

それは「お金を使ってもいいから、ワンナイトラブが出来るいい女を見つけたい」とか「お金を使ってもいいから、いい女とデートがしたい」という男性で、経済力があって定期的な交際のできる女性を求めている男性です。ズバリ言いますと、ハイレベルで都合の良い女性が欲しいという男性にはピッタリでしょう。

愛人

先程も触れましたが、愛人という定義について申しますと、交際している状態ではありますけど、女性に毎月一定額のお手当やお小遣いを渡すことで成立する関係です。男性に本命の女性が存在することを承知の上で、交際する女性が多くその見返り的な部分と、その女性を確保する意味合いで金銭の譲渡は必須です。

参考記事


愛人契約の相場とお手当の受け取り方、パパから好条件を得る為の工夫

目次1 愛人契約とは2 愛人契約でお手当を受け取るスパン3 愛人契約の相場は?4 愛人契約をする男性を見つける場所5 インターネットで愛人募集をする方法6 愛人契約をするパパ探しに最適なサイトは?7 ...

割り切り

割り切りとは、男性の性的欲求を受ける代わりに、女性は金銭を受け取ることで成立する関係です。ワンナイトラブが出来る女は、割り切りでも見つけることは可能ですが、いい女が来るという保証はありませんし、女性の質を予め確認するのが困難で、出会い系でも援デリが派遣する悪質な女が来る場合もあります。

参考記事


出会い系サイトで割り切りを募集する援デリ業者と素人女性の見分け方

目次1 割り切りとは2 割り切りを行う女性の種類3 援デリ業者の特徴4 割り切りをする素人女性の特徴5 割り切りの相場6 絶対に割り切りをしてはダメな相手7 援デリ業者をあぶり出すテクニック8 割り切 ...


割り切り掲示板の5つからワリキリ相手を探すのに最適な掲示板を紹介

目次1 割り切りとは2 割り切り掲示板5選3 ネットの割り切り掲示板を使うメリット4 ネットの割り切り掲示板を使うデメリット5 愛人募集掲示板を使うメリット6 愛人募集掲示板を使うデメリット7 LIN ...

セフレ

セフレとは、まさに友達以上恋人未満という関係性です。この関係を美化して話す人も居ると思いますが、要するに性的欲求のみで繋がっているような間柄です。お互い自身の性欲を満たすために保っている関係です。一般的に金銭は絡みませんが、金銭の授受のない純粋なセフレをデートクラブで探すのは無理です。お金のやり取りがない純粋なセフレを探したいという方は以下の参考記事を参照してみてください。

参考記事


出会いアプリでセフレを探したい時に使うべきアプリはどれが最適?

目次1 なぜ出会いアプリがおすすめなのか2 NG出会いアプリ①:無料アプリ3 NG出会いアプリ②:フェイスブック連動アプリ4 おすすめの出会い系アプリとその判断基準5 おすすめ出会い系アプリ5選6 援 ...

恋人

これは説明するまでもありませんけど、本気で相手を好きになった者同士の、交際相手に対する呼称が恋人であり、いわゆる本命相手でもあります。補足としまして書き添えた理由は、例え恋人であっても女性の殆どは、お小遣いやプレゼントなどを期待しているものですよということを知って頂きたかったからです。

全国展開中ユニバース倶楽部の利用例

全国展開中ユニバース倶楽部の利用例

現段階で交際クラブ又はデートクラブは、東京都を中心に百店舗近くありますが、唯一全国に展開しているデートクラブがあります。それは「ユニバース倶楽部」というデートクラブです。現在も新しい店舗を立ち上げ続けているとされる、老舗のデートクラブで会員数も増加しています。初心者にはうってつけです。

デートクラブをご利用された経験が無い男性にも、おすすめできる優良なデートクラブです。ここでは、男女両会員へのケアに優れたスタッフが多く現存していて、利用する側からしても安心できてシステムも理解しやすいのです。そのユニバース倶楽部を利用する時の例を、まとめましたので是非ご参考下さいませ。

ユニバース倶楽部公式サイト

女性の方はこちらから

登録の申し込み

ユニバース倶楽部に入会する時は、オフィシャルホームページのエントリーホームから申し込みします。入会資格というものがあり、誰でも入会できるという訳ではありません。基本的には二十歳以上の経済的及び精神的に余裕がある男性が条件です。入会時に本人確認のできる身分証明書を提示する必要があります。

提示する身分証明書は、運転免許証・パスポート・住基カード・社員証と名刺・健康保険証とクレジットカード等です。入会資格と本人確認の証明書が問題なくても、最終的に交際クラブ側の人と面談して合格しないと、正式に入会することができません。合格して初めて入会が認められデートクラブ会員となります。

入会前の面談

会員登録の申し込みをした後、面談の日時と都合の良い場所を決めて、カフェなどで面談がおこなわれています。その面談の結果、不合格となり入会拒否された人が実在します。では何故、入会資格や身分証明書に何ら問題のない男性が、入会拒否される理由とは何なのでしょう?それは、次の通りと言われています。

入会手続きをする際、多くの男性はスーツか小綺麗な恰好をしてきます。でも時々、普段着や清潔感の無い恰好で面談に来られることがあるそうです。あと話し方や会話する時の姿勢が一般的な感覚で言えば上から目線的な男性は難しいとのことです。要は紳士的でない男性は断られる可能性もあると言えるでしょう。

登録・入会時の注意点

正式にユニバース倶楽部の会員となりましたら、四階級のランクを決めて入会金を支払います。入会時にも説明はありますが、自分自身の好みで指名した女性とのデートを手配する費用として、入会金以外にセッティング料も必要です。一人の女性を紹介及びセッティングする毎に、最も安いランクで二万円、最も高いランクで十万円は必要です。

ユニバース倶楽部の場合、クレジットカードと同じようなランク分けとネーミングが設定されています。ランクは下から、スタンダード・ゴールド・プラチナ・ブラックの四階級となっています。スタンダードであれば入会金は三万円ですが、ブラックであれば三十万円となります。セッティング料金は別途必要です。

女性会員の動画像を閲覧

入会審査をクリアして入会金も納めましたら、次は女性のプロフィールを閲覧してデート相手を探しますが、店舗に出向いて閲覧しなくても構いません。ユニバース倶楽部のホームページ内にある男性会員専用ページで、会員登録時に頂いたIDとパスワードを入力して、ログインすれば女性をランク別で閲覧できます。

女性会員のプロフィールは、現在の職業・年齢・居住場所・身長・スリーサイズ・血液型・その他にも色々と記載されていて、もちろん写真や動画なども無修正で見れます。しかし、女性も男性と同じように四階級でランク分けしていますので、会員ランクより上の女性を閲覧することは当然ですが不可能になります。

オファーの申し込み

女性会員がユニバース倶楽部に入会する際、男性会員と交際するスタンスを決めます。それを交際タイプと言いまして、A~Eに分かれています。Aはデートだけ、Bは二回目以降で交際可能、Cはフィーリング次第、Dは当初から交際可能、Eは恋愛~真剣交際希望となっていますので、初デートの日までに確認すべきです。

登録女性のプロフィールを閲覧して、気になる女性が見付かればデートのオファーを申し込みます。ユニバース倶楽部では独自のシステムで、24時間一年中セッティングのオファーが可能となっております。この申し込みも男性会員のページでおこない、通常はオファーから約24時間以内に確定の結果が報告されます。

デートの当日

女性会員へは基本的に、オファーのあった男性の情報について大体のことしか伝えません。それと入会が決定した場合には、クラブネームという本名ではない仮名を設定します。そのクラブネームで、ユニバース倶楽部に携わる方々と今後やりとりをします。オファーした女性とも初デート日は、その仮名で会うことになります。

オファーした女性とのデートが可能なスケジュールの報告が入り次第、デートをする日時と会う場所を決めてユニバース倶楽部に返答します。その時の場所は、食事ができるホテルのレストラン等がおすすめです。あとは、ユニバース倶楽部がデートのセッティングを施しますので、デート日を楽しみに待つのみです。

デート後について

先程から申し上げています通り、デートクラブを運営する側は、登録している男性会員に女性会員を紹介するまでが仕事です。入会の申し込みを受けて各手続きをおこない、一回目のデートをセッティングするまでが業務となっております。一応、女性はオファーしてきた男性会員と今後、会いたくなければ断れます。

ユニバース倶楽部の場合、一組でも多く納得できる出会いをプロデュースしたいと、真摯に考えているスタッフが多く現存します。ですので、デート当日にオファーした女性と会って、気が合わなかった場合でもアフターフォローは周到です。オファーした相手とデートして、お互い気が合えば自由恋愛に突入します。

ユニバース倶楽部を利用する場合

ユニバース倶楽部を利用する場合

愛人やセフレを求める男性、パパや支援者を求めている女性、様々な目的で色んな人がユニバース倶楽部に入会しています。ユニバース倶楽部は今も全国展開中で、次々に新しい店舗を開店させております。幾度も申し上げています通り、入会から初回のデートをセッティングするまでがユニバース倶楽部の仕事です。

注意点ですが、セッティングを依頼して初デートを終えてから、次に発展しないことが立て続けば、嫌になってきます。そうならないための心構えとしまして、オファーを頼む時は自分の意向や、不透明な点があれば正直にスタッフに伝えたり聞くことです。その部分を蔑ろにしてしまうと、損をするかも知れません。

ユニバース倶楽部公式サイト

女性の方はこちらから

参考記事

ユニバース倶楽部の特徴

男性からセッティングのオファーを受けて、マッチングする女性会員をピックアップしてオファーを伝え、デートがスムーズに運ぶよう段取りするのが、ユニバース倶楽部の流れです。それ以降は、会員の男女関係に倶楽部側が立ち入ることはありません。また会いたければ、連絡先を交換して発展するなど自由です。

それから、男性会員はユニバース倶楽部に、セッティング料とは別途で女性会員への交通費という名目にて、一定の金額(五千円から一万円)を支払う必要があります。あとユニバース倶楽部には、個人情報保護士の資格を持ったスタッフが在籍していますので、身元バレの心配も無く安心して利用することができます。

ユニバース倶楽部の男女比率

ユニバース倶楽部の場合は、男性会員より女性会員のほうが多く、現時点で男性が約2700人で女性が約8100人となっていて、男性一人につき女性三人という比率です。あと、他のデートクラブと比べても女性会員はハイレベルです。それでも、男性会員の登録者数が多いのは全国的に考えれば、ユニバース倶楽部です。

デートクラブによって多少は違いますが、ユニバース倶楽部では、女性会員は18歳から40歳位までとされています。魅力があり容姿端麗で人柄も良いと判断された女性の場合は、40代半ばでも入会を認めているケースも増えているそうです。ビジネス感覚で入会する女性も居れば、真剣交際を求めている女性も居ます。

ユニバース倶楽部の料金相場

男性会員の料金相場については、次の通りとなっています。ユニバース倶楽部で女性を紹介してもらう際に掛かる、支出や費用の詳細の説明です。まず入会金は、スタンダード=三万円・ゴールド=五万円・プラチナ=十万円・ブラック=三十万円です。自分のランクと同じか、自分より低いランクの女性を選べます。

女性とのデートを依頼した時に、ユニバース倶楽部へ支払うのが、セッティング料金となります。その費用は、スタンダード=二万円・ゴールド=三万円・プラチナ=五万円・ブラック=十万円となります。それ以外に年会費というものもありまして、入会して丸一年が経つまでに会員を継続するか否かで決まります。

ユニバース倶楽部のメリット

初めて利用する男性にとって、ユニバース倶楽部は入会しても特に安心な交際クラブです。その安心の一つに、適切なアドバイスやフォローをしてくれる点が挙げられます。時には驚くほどハイレベルな女性が入会することも、ユニバース倶楽部ではありえますので、出会える可能性を考えればメリットだと言えます。

ユニバース倶楽部は男性会員より女性会員のほうが、三倍ほど多いという部分もメリットです。入会したところで、オファーしたい女性が豊富でないと、高い料金を納める意味が無くなります。それに特筆すべきは、高額を支払う男性会員だけに気を配るのではなく、女性会員にも気配りする部分もメリットでしょう。

ユニバース倶楽部のデメリット

初デート以降は、会員同士で発展するもしないも、自由に決めて良いという嬉しいシステムだと思うでしょう。しかし、初デートで相手と合わないと思い、これっきりでも成立した男性と同じ料金が必要です。そんなデートが続けば、出費だけ重なり挙句の果てに「詐欺ではないか?」と疑ってしまうかも知れません。

もしプラチナ会員の男性が、数回デートのセッティングをしてもらったとして、全てが駄目だった場合、一回のセッティング料金が五万円で交通費も一万円は必要ですので、下手をすれば数十万円の損害になります。その場合は誰がどう考えても、デメリット以外の何ものでもないため、退会したほうが良いでしょう。

まとめ

まとめ

今回はデートクラブに興味を持つ男性に、知ってもらいたい交際クラブの詳細について、記述させてもらいました。決して安い料金とは言えませんが、その対価となるほどの良い思いをされている方が沢山いるから、存続しているのも事実です。人間の一生は思いのほか短いので一度ご体験してみては如何でしょうか。

言葉では簡単に言えますけど、もしデートクラブに入会するとすれば、ユニバース倶楽部以外のデートクラブには抵抗があります。それは、老舗で全国展開を現在も展開し続けているという点や実績など、安心できる部分が多いからです。デートクラブ会員を大事にしようとする姿勢が感じられる点も大きな理由です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ペインパッカー

プロフィール:過去にメンズバーと出張ホストの経営をしていた、40代中盤のバツ2で現在フリーランサー。現在に至るまで200人以上の女を性奴隷にしてきた、女体操作の念能力者。

-出会いの方法, ノウハウ・豆知識, 交際クラブ
-,

Copyright© Secret Lover , 2019 All Rights Reserved.