プチ援

プチ援で使ってはいけない危険な掲示板と安全なプチ円女子の探し方

プチ援とは

プチ援とは

出会い系サイトを使っていると、最近よく見かける事が多い「プチ援」ですが、皆さんはプチ援の事をどの辺りまで理解されているでしょうか?
どんな内容なのか?どんな人がやっているのか?リスクなどはないのか?などなど気になる事はたくさんあると思います。
ここではプチ援にまつわる色々な事を徹底的に知って、プチ援を楽しむ方法について詳しく説明させていただきます。

本番行為の無い援助交際

プチ援は簡単にいってしまえば、「少しの援助交際」となります。ここでいう“少し”というのは、援助交際の金額もですが、援助交際の内容も意味しています。プチ援は本番行為、つまりセックスが無い援助交際という事になります。この為に援助交際に掛かる金額も安価となります。

プチ援は売春になるの?

男女が出会う時に金銭のやり取りが発生すると聞くと、どうしても売春の心配をしてしまいますが、プチ援は売春ではありません。
簡単に売春の定義を説明させていただきます。売春では女性は相手の男性を自分の意思で選ぶことが出来ません。この為に売春防止法に記載されている『対償を受け、または受ける約束で、不特定の相手方と性交すること』に抵触してしまいます。
これに対して、プチ援などの割り切りでは、相手は自由に選ぶことが出来ますし、嫌な相手であれば断る事も出来ます。この為に出会い系サイトの募集掲示板を使ってプチ援相手を探しても自分の意思で相手を選ぶことが出来るので、不特定多数の相手を対象としている訳ではないので売春にはあたらないという事になります。

プチ援をしているのはどんな女性?

プチ援をしている女性は様々です。本番が無いという事で若い年代の女性がお小遣いを稼ぐ感覚で行っている事もあれば、人妻なども罪悪感を持ちにくい事やセックスレスなどのストレス発散にプチ援を行っている事もあります。
しかし、本番行為が無い事でプチ援をしている女性の低年齢化は社会問題となっています。スマートフォンなどの普及もこれに拍車を掛けているのが現状です。

プチ援のメリット・デメリット

プチ援にはメリットもあれば、デメリットもあります。それぞれについて見ていきましょう。
男性のメリットは安価で楽しめる事が挙げられます。本番が無い事でプチ援の相場は比較的安くなります。車内などでも行う事が出来るので、ホテル代なども掛かりません。
男性のデメリットはプチ援女性の低年齢化を原因とした18歳未満との関わりです。本番行為が無いプチ援でも18歳未満と関わってしまうと、どの様な理由があっても罪に問われてしまいます。
他にもプチ援で興奮度が高まっても本番行為には移行できないという事もデメリットになるでしょう。
女性のメリットは本番行為が無い事により、妊娠の心配をせずに楽しむ事が出来る事やお小遣いを稼ぐ感覚で楽しむ事が出来ます。
女性のデメリットとしては、ある程度のお金を稼ぐまでに回数をこなさなければならないという事が挙げられます。

プチ援の種類と相場

プチ援の種類と相場

ここでは、プチ援の種類と相場について紹介させていただきます。
プチ援の種類は非常に細かく分けられており、それ単体で行わずにオプションとして利用される場合もあります。相場に関しては興奮度が高くなればなるほど、高額になっていくというイメージです。
ここでの金額表記は1K=1,000円とさせていただきます。それでは一つずつ見ていきましょう。

フェラチオ

まずはフェラチオからです。
プチ援の中では興奮度もある程度あり、安価で楽しめるので男女共に利用される事が多くなっています。
出会い系サイトの中では口割り・F割りなどの隠語で表される事が多くなっています。
フェラチオだけでも十分に楽しめますが、口内射精やごっくんなど様々なオプションを付けて楽しむ事も多くあります。相場は5〜7Kとなっています。

手コキ

次は手コキです。
手コキはセックスの前戯でも使われる事が多く、プチ援の中でも比較的人気があります。
出会い系サイトの中では手割りなどの隠語で表される事が多くなっています。
手コキもキスやお触りなどのオプションを付けて楽しむ事が多くなっています。相場は2〜5Kとなっています。

足コキ

次は足コキです。
実生活の中で足コキを経験した事がある人は正直少ないと思います。女性も足コキの経験が少ない事が多いので、プチ援でも足コキ単体での募集は少なく、フェラチオや手コキのオプションとして利用される事が多くなります。
足コキ自体のオプションとして、M字開脚やパンストやニーハイソックスを履いてもらう場合があります。相場はオプション扱いで2Kとなっています。

センズリ鑑賞

次はセンズリ鑑賞です。
男性がセンズリをしている所を女性に見てもらって興奮度を高めていくプチ援です。普段の生活の中ではなかなか経験する事は出来ませんし、M気質の男性にはたまらないプチ援です。
女性から触られる事が無いので、相場は低く1〜3Kとなっています。

オナニー鑑賞

次はオナニー鑑賞です。
女性がオナニーをしている所を見せてもらって興奮度を高めていくプチ援となっています。
こちらも普段の生活の中で経験する事は少ないので、興奮度は高くなります。
女性にコスプレをしてもらったり、言葉責めをしたりするとさらに興奮度を高める事が出来ます。
女性に触れる事は出来ませんので、相場は低く1〜3Kとなっています。

お触り

次はお触りです。
お触りはそれ単体で行われる事はほとんど無く、他のプチ援のオプションとして利用される事が多くなっています。
陰部のお触りはNGという女性もいますし、服や下着の上からはOKでも、直接触るのはNGという女性もいますので、事前に確認しておくと良いでしょう。お触り単体での相場ははっきりとしていません。

クンニ

次はクンニです。
クンニは前戯などではよく行ないますが、プチ援ではそれ単体で募集をしている事があります。隠語では無いかもしれませんが「舐め犬」と表される事があります。
もともとプチ援ですが、男性はどんなに興奮度が高まっても、挿入が出来ないというデメリットがあります。反対にクンニで女性をイカせる事が出来れば、その先の展開が期待できるというメリットがあります。相場は5〜10Kとなっています。

下着売り

次は下着売りです。
インターネット上の掲示板を使って、女性の下着を売買します。下着以外にも靴下や体操服やスク水なども売買されています。
さらに興奮度を高めるのは生脱ぎです。実際に目の前で女性に下着を脱いでもらって売買します。匂いやシミが付いている下着をGET出来る場合もあります。相場は物や販売方法によっても変わってきますが、3K〜となっています。

パパ活

次はパパ活です。
本番行為がないので、パパ活もプチ援に入ります。パパ活にも食事のみ・定期契約など様々な種類があります。
男性は食事代とは別に「お手当」を渡さなければいけませんので、金額は決してプチではありません。相場としては、食事が10〜15K、定期契約が50〜100Kとなっています。

素股

最後は素股です。
本番行為が無いプチ援の中では、最も密着度と興奮度が高くなります。
お互いの性器を擦り合わせて興奮度を高めていくので、誤って挿入されない様にゴム着用は必須で、体位は主に女性が動ける騎乗位が多くなります。相場は10〜15Kとなっています。車内でも可能ですが、相手の事を考えればホテルなどが良いでしょう。その代わりホテル代が掛かってしまう事を忘れない様にしましょう。

プチ援をする場所

プチ援をする場所

プチ援は本番行為が無いので、あまり場所を選ばずに楽しむ事が出来ます。
これがプチ援の良い所ですが、気を付けなければならない事もいくつかあります。場所の紹介と併せて注意点も説明させていただきます。

車内

まずは車内です。
プチ援をする場所として最も多く利用されています。その理由としてはお金がかからないという事が挙げられます。他にも人目の無い場所へ簡単に移動出来るのも理由として挙げられます。
車内で口割りをする場合は色々と準備しておくと良いでしょう。例えば、ティッシュペーパーなどは必須です。条件によってはコンドームが必須な場合もあるでしょう。
いざ、プチ援を始める時になって慌てる事が無い様に気をつけましょう。

カラオケボックス

次はカラオケボックスです。
カラオケボックスもプチ援をする場所として利用される事が多くなっています。
利用料金も比較的安い事や女性にとっては部屋が若干薄暗い事も理由として挙げられます。大きな声を出してもバレにくいという事も理由として挙げられるでしょう。
カラオケボックスであれば、コンドーム以外はある程度の物は揃っているので準備する必要はありません。
但し、外から全く見えない訳ではありませんので、注意しておきましょう。

多目的トイレ

次は多目的トイレです。
中から鍵が掛けられる事やある程度の広さがある事はプチ援にはもってこいの場所ですが、衛生面にはやや不安があります。
便器を触った手で性器などを触られる事に抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。あまり大きな声を出せないという事も多少のデメリットにはなると思います。
楽しみ方の一つとしてわざと鍵を掛けないでプチ援をするという事も出来ます。いつ誰かに扉を開けられるかもしれないというドキドキ感で興奮度を高めていくのです。

自宅

次は自宅です。
自宅であれば、安心してプチ援を楽しむ事が出来ます。シャワーを浴びる事も出来ますし、改めて色々な物を準備する必要は無いでしょう。布団もあるので様々なプチ援を楽しむ事が出来ます。
男性はホテル代などを節約できるというメリットもある反面、自宅がバレてしまう事や女性を迎えに行くなどの交通費などが掛かる事はデメリットになります。
自宅でプチ援をする場合は回数を重ねた相手にしておいた方が安心できるので良いでしょう。

レンタルルーム

次はレンタルルームです。
レンタルルームはデリヘルのプレイルームとして利用されます。特徴としては料金の安さが挙げられます。ラブホテルで宿泊すると8,000円程度掛かりますが、レンタルルームであればナイトパックで5,000円程度で済みます。設備はベッドは置いておらずソファや横になれるマットがあるだけです。
設備的ではラブホテルに劣りますがプチ援であれば問題ありません。少しでも安く済ませようと考えた場合は利用してみる価値はあります。

ラブホテル

最後はラブホテルです。
プチ援をする場合にラブホテルを利用する機会は正直少ないと思います。休憩でも2時間4,000円程度は掛かってしまいます。これでは安価で楽しめるプチ援の意味が無くなってしまいます。ラブホテルを利用するのであれば、本番ありの援交を楽しんだ方が良いでしょう。

プチ援でしてはいけない事

プチ援でしてはいけない事

プチ援にはしてはいけない事がいくつかあります。その中には法律的に行ってはいけない事もありますので罪に問われる事になり、公になってしまうと会社での立場を失ってしまうだけでなく、家庭を壊してしまう場合も出てくるでしょう。
内容はプチでもルールを守らなければ、被害はプチどころではありません。これから紹介させていただく4つの事は最低限必ず守る様にして下さい。

18歳未満とのプチ援

まずはプチ援をする相手に関してです。18歳未満と関わってしまうと児童売春・児童ポルノ処罰法に抵触してしまいます。「相手が18歳以上だと言った」や「18歳未満とは知らなかった」などは通用しません。
プチ援に本番行為が無いからといって18歳未満と関わってはいけません。法律の中にも「性行為や性交に類似する行為をした場合」を罪に問うという旨の記載がされています。

挿入

プチ援は基本的に本番行為が無い事が前提となっていますので、「挿入」行為はありません。フェラチオや手コキでどんなに興奮度が高まってもそのままの勢いや流れでというのはNGです。
それを許してしまうと、もはやプチ援では無くなってしまいます。但し、女性も興奮度が高まって許可してくれる場合は遠慮なく挿入しましょう。

契約以上の行為

先程の挿入と部分と内容は多少被ります。プチ援では事前のやり取りで、どのプレイにどのオプションを付けて、金額はいくらでと決めていきます。実際に会ってプレイを始める前にもう一度確認する女性もいる位です。
これ位、用心するに越したことはありません。見知らぬ男女がお金のやり取りをしてプチ援をするのですから、当然でしょう。
この為に事前に決めていた以上の行為をするのはNGとなります。先程の挿入の場合と同じように契約以上の行為をする場合は女性に確認して了解を取る様にしましょう。

事件やトラブル

プチ援に関わらず、お金が絡む男女の出会いにおいて事件やトラブルは起こりやすくなってしまいます。レイプまがいの強引な行動・暴力や金品の窃盗などの被害報告が全く無い訳ではありません。
但し、想定される事を事前に把握する事で未然に防げることもたくさんあります。何よりも自分の身は自分自身で守るという事を忘れない様にしなくてはいけません。

プチ援女子が見つかる場所

プチ援女子が見つかる場所

ここではプチ援女子が見つかる場所について、いくつかピックアップして紹介させていただきます。
やみくもに街を歩いていてもプチ援女子を見つける事は難しいですし、見つけるまでに時間も掛かってしまいます。
プチ援女子を探す場合は、出会いを探している女性やお金に困っている女性が集まる場所を中心に考えていくと良いでしょう。

出会い喫茶

まずは出会い喫茶です。
地域によっては出会い喫茶そのものが無い地域もありますので、簡単に出会い喫茶のシステムから説明させていただきます。
出会い喫茶はマジックミラーで仕切られている別々の部屋で男女は待機しています。男性側からしか相手の容姿を確認する事が出来なくなっています。男性は気に入った女性を見つけたら、その旨を店員に伝えると2人きりになれる別室へ移ります。女性もこの展開は承知の上で出会い喫茶を利用しており、女性の方からプチ援を持ちかけてくる場合もあります。お互いに話がまとまれば、お店を出て後は2人の自由です。そのままホテルへ行っても問題ありません。
相手の容姿も確認する事が出来て、話も出来るのでプチ援相手を探す場所としては相応しいと思います。

ネットカフェ

次はネットカフェです。
普通に時間潰しなどでネットカフェを利用している人はプチ援候補にはなりません。ネットカフェでプチ援相手を見つける場合は「ネットカフェ難民」を見つける事が効率的だと思います。ネットカフェ難民はネットカフェに長期間寝泊まりしている人の事を意味しています。料金は単発のアルバイトを繰り返してやり繰りしています。正直、生活は楽ではありませんので、お小遣い稼ぎでプチ援をしたいと考えている女性も存在しています。
ネットカフェ難民を見つけるには、同じ時間帯に数日間通えば良く顔を見る女性を見つける事が出来ます。軽い挨拶などから始めてみて徐々に距離を縮めていくと良いでしょう。

パチンコ店

次はパチンコ店です。
昼間のパチンコ店は時間を持て余している主婦が多くいます。暇つぶし程度にパチンコを行っているのであれば良いのですが、負けが込んで熱くなっている女性を見かける事もあります。都市伝説的な話ですが、あまりにも負けが込んでしまい、トイレで何人もの男性と口割りをしたり、店外で援助交際を持ちかけてきたりする女性がいるようです。私は実際に出会った事はありませんが…。
プチ援であれば駐車場でも簡単に出来るというメリットはあります。

ID交換掲示板

次はID交換掲示板です。
ID交換掲示板はインターネット上の掲示板を使ってLINEやカカオのIDを交換する事を目的としています。掲示板を見てみると、LINEIDを平気で晒しているのが分かります。すぐにLINEが出来てラッキー!と思ったあなたは間違っています。
プライベートで利用する事が多いLINEIDを素人女性が誰でも簡単に見られる様なインターネット上の掲示板に晒したりする危険を冒すでしょうか?答えはNOです。平気でLINEIDを晒している女性はほぼ業者と考えてもらって問題ありません。気軽な気持ちでIDを交換した相手が悪質な誘導業者やID回収業者の場合はリスクしか残りません。
この様に考えると、プチ援相手を探す以前の問題でID交換掲示板使うこと自体に問題があります。

神待ち掲示板

次は神待ち掲示板です。
ここで神というのは、寝泊まりする場所や食事を提供してくれる男性の事を指しています。この様な男性を探している女性の事を神待ちと呼んでいます。この様な男女をマッチングしてくれる場所を神待ち掲示板と呼んでいます。
神待ち女子の中には寝泊まりする場所や食事の代わりに体を許す事を考えている女性もいます。これであればプチ援も簡単に出来そうですが、神待ち女子と関わる際に気を付けなければならない事が一つあります。神待ち女子の多くは家出少女となっており、18歳未満が多くなっている事だけは忘れない様にして下さい。これさえクリア出来れば神待ち掲示板はプチ援相手を探す場所としては問題ありません。
しかし、残念ながら神待ち掲示板の多くは、神待ち女子が実際に書き込んではいない掲示板で、掲示板からメッセージを送れば、出会えないサイトに強制登録される仕組みになっているものです。そのような詐欺掲示板から神待ち女子にメッセージを送っても、相手には届かずに、絶対に出会えないサクラサイトに登録されてしまうだけなのです。そんな危険な掲示板を使う意味はないかと思います。

ツイッター

次はツイッターです。
ツイッターは世界中で多くの人々が利用しているSNSの代表的なものです。この記事を読まれている方の中にも利用されている人も多いのではないでしょうか?
しかし、ツイッターを使っていて、プチ援などの出会いを探している人は見たことが無いという方もいらっしゃると思います。その通りです。ツイッター本来の使い方をしているだけでは出会いを見つける事は出来ません。
ツイッターを使ってプチ援相手を探そうとした場合は「裏垢女子」と呼ばれる人にアプローチしていくのが良いでしょう。裏垢とは裏のアカウントの略でアダルト要素がある内容をつぶやいたり、写メを利用する事が多くなっています。ハッシュタグを見ても、#プチ円交 #プチ援交などを付けている裏垢女子を見かける事もありますので、アプローチしやすいと思います。
しかし、ツイッターは18歳未満でも利用する事が出来る事や一人で複数のアカウントを作成する事が出来るので業者の存在に気を付けなければなりません。
この様に考えるとツイッターを使ってプチ援相手を探すのは控えておいた方が良いでしょう。

チャットアプリ

次はチャットアプリです。
チャットアプリはスマートフォンの普及により、その数は一気に増えました。アプリをダウンロードしている人同士であれば、手軽にチャットを楽しむ事が出来る便利なアプリです。
しかし、チャットアプリは利用規約にも書かれている通り、異性との出会い等を希望、又は誘導することを目的とする行為を禁止しています。これは形式だけで記載しているものでは無く、チャットアプリはインターネット紹介事業の届出を提出していませんので、アプリを利用する場合は年齢確認が無く18歳未満でも簡単に利用する事が出来てしまいます。
この様に考えると、チャットアプリを使ってプチ援相手を探す事は止めておいた方が良いでしょう。

出会い系サイト

最後は出会い系サイトです。
結論から言いますと、プチ援相手を探すのであれば、出会い系サイトを利用するのが最も効率的で安全です。但し、出会い系サイトの数も非常に多く、知らずに悪質な出会い系サイトを使ってしまうとリスクしか生まれません。
出会い系サイトに関しては、次でさらに詳しく説明させていただきますので、読み進めていただければと思います。

プチ援女子探しに最適なサイト

プチ援女子探しに最適なサイト

先程、プチ援相手を探す場合は出会い系サイトが最も効率的だと説明させていただきましたが、実際の優良出会い系サイトの紹介とその出会い系サイトが最適な理由についても説明させていただきます。

Jメール

18周年を迎えたJメールは老舗サイトとしてアダルト色の濃いコンテンツを配信、全国のパートナーを気軽に一括検索ができ便利。24時間365日のサポートがあるので安心して使えます。


運営歴20年、会員数600万人を超える優良出会い系サイトです。
WEB版・アプリ版共にログイン特典が設けられている珍しいサイトです。女性会員獲得に積極的で多くの雑誌に広告を掲載しています。
また、食事相手を探す為の「誘い飯掲示板」をいち早く取り入れたサイトです。

ワクワクメール

1000万組のマッチング実績のある巨大サイト。着せ替えをしたアバターを自分の分身として楽しく交流が楽しめます。日記を書いてみんなと繋がる事もできる多機能サイトです。

1000万組のマッチング実績のある巨大サイト。日記を書いてみんなと繋がる事もできる多機能サイトです。着せ替えをしたアバターを自分の分身として楽しく交流が楽しめます。


運営歴19年、会員数750万人を超える優良出会い系サイトです。
私も実際に利用しており、これまでに約50人と出会う事に成功しています。私が利用している理由は無料ポイントが貯めやすいという事も挙げられます。今でも月に80~90ポイントを無料でもらっていますので、ほとんど課金せずに楽しむ事が出来ています。

積み重ねてきた実績

先程も説明させていただいた通り、どちらのサイトも約20年の実績があります。悪質なサイトではこうはいきません。現代において、悪い噂はSNSなどであっという間に広まってしまいます。最悪の場合はサイト閉鎖に追い込まれる事もありえます。
会員数も多く、あなたのタイプに近い異性を見つける事もさほど難しくはないでしょう。

登録時の審査

登録時に厳格な審査が設けられている事もプチ援相手を探す場所としては最適な理由の一つです。
どちらも本人確認と年齢確認が必須になっています。この為に1人での重複アカウント作成や18歳未満は利用する事すら出来ません。
この為に優良会員だけが残っていき、その優良会員を目当てにさらに優良会員が増えていくという良いサイクルが自然と出来上がってしまうのです。

出会いのジャンルが豊富

とにかく出会いの内容によって、細かくジャンル分けがされている事も優良出会い系サイトの特徴です。
これであれば、時間を掛けずに希望の相手を見つける事が出来ます。
どちらのサイトもアダルト要素がある掲示板とそうでない掲示板の2つが用意されています。プチ援相手を探す場合でも利用する掲示板はアダルト要素が無いピュア掲示板です。アダルト要素がある掲示板を使ってしまうと、援デリを始めとする業者と関わってしまう可能性が非常に高いからです。

サポート体制が強力

先程も少し触れましたが、優良出会い系サイトでも業者は存在しています。私も利用し始めた頃は業者と関わる事が多かったです。業者と関わらない様にするには、自分自身で業者の特徴や行動を把握する事が大事なのですが、サイト運営のサポートが充実していなければいけません。
先程の2つのサイトの運営は24時間365日の有人体制で悪質ユーザーや業者の管理監視を行ってくれています。他にも私たち一般ユーザーが登録時に預けている個人情報も適正に管理してくれています。2つのサイトから個人情報が漏れたという事はこれまでに一度もありません。

Jメールでプチ援女子を募集する手順

Jメールでプチ援女子を募集する手順

Jメールについてもう少し詳しく説明していきましょう。
ここでは実際にJメールを利用して、プチ援女子を募集する手順について説明させていただきます。Jメールはいくら優良出会い系サイトだからといって何もしなくても良いという事はありません。いくつかのポイントを抑えておかなければ、良い出会いを見つける事は出来ません。反対に何も知らずに募集をしてしまうとリスクを負ってしまう事にもなりかねません。一つずつポイントを抑えながら見ていきましょう。

18歳未満利用禁止

Jメールに登録しよう

まずはJメールに登録をしてみましょう。
登録自体は非常に簡単に行う事が出来ます。年齢確認の際に身分証明証のデータが必要になってくるので事前に準備しておくとスムーズに進める事が出来ます。
まずはJメールの公式サイトから新規会員登録を始めます。性別を選んで、ニックネーム・都道府県・年齢・メールアドレス・電話番号・パスワードを入力します。
基本プロフィールの入力が終わったら、次はメールアドレスの登録へ移ります。プライベートで使っているメールアドレスでも構いませんし、それに抵抗があるのであればGmailやYahooなどのフリーアドレスでも登録する事が出来るので試してみて下さい。
メールアドレスの登録が終わると、運営からURL付きの折り返しメールが届きます。添付されているURLをクリックすると、本登録画面へ移りますのでクリックすると登録完了となります。
最後に年齢確認を行うと登録が完了し、全てのコンテンツを利用出来るようになります。前述させていただいた通り、運転免許証などのデータを使って年齢確認を行うのでごまかす事は絶対に出来ません。

プロフィールを充実させよう

登録が終わったからといって、すぐに相手を探してはいけません。相手を探す前にもう一つしなければいけない事があります。それはプロフィールの充実です。プロフィールは実際に会う前に相手の事を知る唯一のツールで履歴書の様なものです。
この為に嘘の内容を記載したり、空白が目立つような事があってはいけません。丁寧に全ての項目を埋めていく事を心掛けましょう。嘘を記載しても実際に会ってしまえばバレてしまいますし、空白が目立ってしまうと業者と勘違いされる事もありますので注意が必要です。
プロフィールを作成する際にもう一つ気を付けておかなければならない事があります。それは「興味あること」です。興味あることはピュアとアダルトの2つのジャンルから選ぶことが出来ます。業者との関わりを無くす為にピュアジャンルから選ぶようにしましょう。

プチ援の隠語を理解しておこう

プチ援は種類も多く、様々な隠語が使われる事が多くなっています。隠語の意味を正しく理解していないと、トラブルに発展してしまう事もあります。
ここではプチ援の際に良く使われる隠語について、いくつか説明させていただきます。
まず、プチ援自体も隠語です。プチ円やプチ援助交際やプチ援交という風な隠語で表す場合もあります。
「車の中でコンドーム着用でフェラチオをしてもらって5,000円を支払うプチ援」を隠語で表すと「車内ゴあり、ゼロゴ口割り」という風になります。
プチ援ではあまり使われる事は無いかもしれませんが、「ホ別イチ」はホテル代とは別に10,000円という事を表わしています。

募集掲示板を利用してみよう

では、実際に募集掲示板を利用してプチ援相手を探していきましょう。
ここでのポイントは業者と関わらない様にする事です。業者と関わらない為にする事は「ピュア掲示板を利用する」これだけです。これを実践していただくだけでも業者と関わる確率はかなり低くなります。
募集掲示板を利用する際は異性の募集にアプローチしていく方法と自ら募集を書き込む2つの方法があります。
異性にアプローチする場合は募集内容だけでなく相手のプロフィールを確認する事を忘れない様にしましょう。自ら募集を書き込む場合は、はっきりと募集内容を書いておくとスムーズに相手を見つける事が出来るでしょう。

プチ援女子と待ち合わせてプチ援をする流れ

プチ援女子と待ち合わせてプチ援をする流れ

それでは、出会い系サイトなどを使って知り合ったプチ援女子と実際にプチ援をするまでの流れを見ていきましょう。
せっかく見つけた相手ですので、トラブルなどを起こさずにスムーズにプチ援まで進めていきましょう。

プチ援の内容と金額を再確認する

プチ援の出会いで最もトラブルが多いのはお金に関する事です。トラブルに発展させない為に実際にプチ援をする前にプチ援の内容と金額を確認しておきましょう。事前にやり取りをしているとは思いますが、相手が勘違いしているという事も考えられます。特に女性の方はプチ援が終わった後で「そんな約束はしていない」「金額が違う」などと男性から言われて強引に押し切られる事が無いようにしましょう。

お金は前払いで渡してあげよう

見ず知らずの相手と会う訳ですから、お互いに不安な気持ちはあるでしょう。特にお金に関してはデリケートな部分なのでなおさらでしょう。
相手に安心感を持ってもらう為にお金を前払いで渡してあげるのも一つの方法です。全額だと男性側にもリスクが発生してしまうので、一部だけでも良いと思います。

色々な準備も忘れない様に!

プチ援をする場所の部分でも少し触れましたが、プチ援は自宅やホテル以外で行う事が多いので、コンドームやティッシュなどの準備を忘れない様にしましょう。終わった後でバタバタする様な事が無いように注意して下さい。
女性も男性任せにするのではなく、自分自身で準備しておくのも良いと思います。

気に入ればリピートする

相手の事を気に入ればリピートしてみましょう。回数を重ねていけば、段々と相性も良くなってきますし、気持ちの良いプチ援が出来る様になってくるでしょう。
1回の金額が安いプチ援だからこそリピートはしやすいと思います。お互いにプチ援だけでは我慢できなくなってしまい、援助交際に発展してしまう事もあるかもしれませんね。

プチ援女子を本番に持ち込む交渉術

プチ援女子を本番に持ち込む交渉術

ここでは本番行為が無いプチ援という条件で出会った相手を本番に持ち込む交渉術を紹介させていただきます。
本音としては金銭のやり取りが無いセフレ関係に発展できると男性側も金銭的な負担が無いので良いのですが、プチ援相手をいきなりセフレにというのは非常にハードルが高くなります。まずはプチ援から本番に持ち込む事を考えていくと良いでしょう。

プチ援をとことん楽しむ

先程も同じ事を書かせていただきましたが、プチ援の回数を増やしてお互いの相性を良くしていきましょう。女性も新しい相手を探すのは時間も掛かりますし、当然リスクもあります。この為に定期の相手の方が良いと考えるのは当然でしょう。
繰り返しになりますが、回数を重ねていけば相手の気持ち良い部分も分かってくるので、気持ちの良いプチ援をとことん楽しんでみましょう。

プチ援抜きでも会ってみる

プチ援だけの関係だと、会う→プチ援をする→バイバイの繰り返しで相手の事は何も分からないままでしょう。関係性を発展させようと考えた場合は、たまにはプチ援抜きで会ってみるというのも良い方法です。
食事や遊びに行って色々な話をして相手の事を深く知りましょう。

オプションを効果的に利用する

プチ援をする際のオプションを効果的に使う事で本番に持ち込みやすくなります。
フェラチオや手コキでは男性のみが気持ち良くなって射精して終わりです。これでは女性が気持ち良くなる事はほとんどありません。女性にも気持ち良くなってもらう為にお触りやキスなどのオプションを使ってみましょう。女性の興奮度を高めた方が本番にも誘いやすくなるのは必然です。反対に女性の方から本番のお誘いがあるかもしれませんよ。

本番に誘ってみる

後は女性を本番に誘うだけです。プチ援を何度も楽しんでも、プチ援抜きで会ってみても必ず成功するとは限りません。本番行為が無い事がメリットと考えている女性を誘うのは難しいのです。この様な女性に対しては強引に誘う事が無いように注意しましょう。

プチ援女子へのアドバイス

プチ援女子へのアドバイス

最後にプチ援をしてみたいと考えている女性の方へ男性の立場からいくつかアドバイスをさせていただきます。
私もこれまでに何度かプチ援をした事があります。その拙い経験の中で「もう少しこうして欲しいな」とか「この女性もう少し気を付けた方が良いのに」と感じる事もありました。
これまで説明させていただいた内容と重なる部分もありますが、注意喚起の意味も込めて読み進めていただければと思います。

業者と勘違いされない様に注意

この記事の中でも「業者」というキーワードがたくさん出てきたと思います。お金が絡む男女の出会いには必ず業者という存在が付きまとってきます。やっていること自体はプチ援助交際なので変わりはありませんので、出会い系サイトなどを使い慣れていない方は業者と一般女性を見分ける事は容易ではありません。
この為に業者の様な行動をするのは止めておいた方がすんなりと相手を見つける事が出来るでしょう。
例えば、いきなりお金の話をしたり、アダルト要素強めの写メを使ったりするなどです。この辺りは出会い系サイトに潜んでいる業者の特徴として記事にされている事も多くなっていますので、男性側からすると避けてしまう事が多くなってしまうのです。

お互いに満足できる時間を過ごそう

女性はお金さえもらえれば良いと考えている人も少なくありません。特に業者はこの傾向が強くなっています。この為に会ってからろくに会話もせずにいきなり手コキやフェラチオを始めて、とっとと射精させて終わらせようとするような事は止めておきましょう。
プチ援を始める前に少し話をしたり、男性の感じる部分を探してみるとお互いが満足できる時間を過ごせるでしょう。そうする事で定期的な関係に発展する事も十分に考えられます。

プチ援の条件交渉は慎重に

お金に執着し過ぎるのもいけませんが、無頓着なのもいけません。事前にプチ援の内容と金額を決めておいても、実際に会ってからもう一度確認するくらいの気持ちを持っておいた方が良いでしょう。
また、男性は金額を出来る限り安くしようと値切り交渉をしてきます。男性の私が言うのも変ですが、女性は出来る限り男性の方から条件を提示させた方が損はしないと思います。どうしても女性側から提示する場合は少し高めの金額を伝えると希望金額に落ち着きやすいと思います。

個人情報は簡単に明かさない

プチ援は見ず知らずの男女が出会う訳ですので、当然リスクはあります。どんなことがあるか分からないので数回あった程度で住んでいる所や勤務先、電話番号などの個人情報は教えない様に注意しておきましょう。
私はこれまで数十人の女性と会ってきましたが、初めての女性と会う時は免許証や保険証などは全て車の中に置いていきます。ホテルに行く時はプチ援の金額とホテル代を別にして持って行くようにしています。最悪の場合でもホテル代を支払う事は出来ます。これ位の用意周到さは女性の方にも持って欲しいと思います。

自分の身は自分でしか守れない

家庭内や職場内であれば、困った時も誰かが助けてくれるでしょう。しかし、プチ援などの出会いでは2人きりになる事が多いので自分の身は自分で守るしかありません。
この様な考えを常に頭に入れておくと、ある程度の事には対処できるようになりますし、あらかじめ色々な準備をしておくようになります。
この様な事を重ねていけば、危険な目に遭う確率はグンと下がり、安心かつ安全に出会いを楽しむ事が出来るのです。

まとめ

まとめ

この記事では最近よく耳にする「プチ援」の実態について説明させていただきました。
プチ援にはデメリットもありますが、そのデメリットを上手に回避していけば、楽しい出会いに変える事が出来ます。
特に女性は本番行為が無いので手軽に楽しむ事が出来るのですが、全くリスクが無いという訳ではありません。トラブルに発展させない準備を怠らずにプチ援を楽しんでいきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

出会いの迷人

性別:男性 プロフィール:現在も4つの出会い系サイトを駆使して、セックスライフを楽しんでいる。得意なタイプは年上熟女。出会い系サイトで出会って、多数のセフレを作った経験があるセフレ名人。

おすすめ記事

1

目次1 セフレ募集に最適なアプリとその判断基準2 おすすめ出会い系アプリ5選3 なぜ出会いアプリがおすすめなのか4 NG出会いアプリ①:無料アプリ5 NG出会いアプリ②:フェイスブック連動アプリ6 援 ...

2

目次1 PCMAXの特徴2 PCMAXの公式アプリの使い方3 WEB版とアプリ版の違い4 PCMAXの登録方法と利用方法5 PCMAXのスタートダッシュ特典6 PCMAXのお相手の探し方7 PCMAX ...

3

目次1 Jメールの特徴2 JメールのWEB版とアプリ版について3 Jメールの登録方法と利用方法4 Jメールにログインして最初にするべき事5 Jメールにサクラは存在するのか?6 援デリ業者を避ける方法7 ...

-サイトやアプリの選び方, 出会いの方法, ネットの裏情報, ノウハウ・豆知識, 気を付けておきたい注意点, オーラルセックス
-, , ,

Copyright© Secret Lover , 2019 All Rights Reserved.