パパ活とは何?食事やデートだけでお金くれる人は本当に存在するのか?

投稿日:2017年6月9日 更新日:

体の関係もなく、金銭を介した食事やデートだけの関係であるパパ活。近年急速に広まっているこの男女の関係はそもそも成立するのか?どんな女性がパパ活をしていて、パパ活女子を求めているのはどんな男性なのか?詳しく解説していきます。

パパ活とは?

パパ活とは

パパ活とは、食事やデートだけでお小遣いをくれる男性を女性が探す行動。デートも含めてパパ活と呼びますが、一般的には10代後半・20代前半の若い女性と、40代・50代の男性との間に成立する関係です。年齡が近いお相手を探したいというパパもいるので、30過ぎでもお相手を見つけられる可能性は十分にありますが、父親と娘くらいの年齢差で関係が成立することが多いです。

お小遣いが欲しいけど体は許したくない女性と、無理にセックスしたいとは思わないけど女性とデートして癒しを得たいという男性の間に生まれた関係です。本当に成立するのかと疑問に思う人も多いかも知れませんが、デートしてくれただけでお金を払う男性は確かに存在するようですし、パパ活で月に数十万円、下手したら100万円以上も稼ぐ女性がいるとか…。

パパ活関係と愛人関係との違いについて

デートだけでエッチはしないパパ活に対して、愛人関係という男女の契約には確実に体の関係が存在すると思って良いでしょう。愛人関係の方がもらえるお金が多いのが当然だと思うかも知れませんが、相手によってはそうとも限りません。そもそもセックスすることを求めていない男性や、妻に罪悪感を覚えるからデートだけに留めたいという男性もいるでしょうからね。

またパパ活の場合は、仮にバレても言い逃れが出来るというメリットがあります。体の関係を結んでしまったら不倫以外の何物でも無いでしょうけど、デートだけであればバレても不倫にはならない。そう考えると愛人よりもパパ活女子に高い価値を感じる男性がいるのも納得できるでしょう。

参考記事
愛人契約を希望する多数の女性が出会い系で愛人募集をしている現状

パパ活の相場はどのくらい?

お相手にもよるのですが、単発のデートの場合は1回1万円~3万円くらいが相場でしょう。デートの最初にまとめてお金をくれる男性もいれば、一緒にいる時間が長くなるにつれて小まめにお小遣いをくれるパパもいます。会う前に金額を確認するなどの行為はパパから嫌われる原因になりますので、ご飯を奢ってもらったらそれで十分だと思っていたほうが良いかも知れません。

お小遣いは善意で、もらったらラッキー。そのくらいに考えていたほうが長期的な関係に発展しやすいですし、単発よりも継続の方がまとまったお金が手に入りやすいでしょう。

定期的な関係であれば、月に5万円~10万円程度のお小遣いが相場でしょう。会う頻度は月に2回から5回くらいが一般的ですが、事前にしっかりと決めておいたほうが良いです。会う頻度が高くなるにつれて、体の関係を求めてきたり、交際を迫ってきたりする男性が増える恐れがあるのでご注意下さい。色々なパパと何回か会ってみて、良さそうな相手がいたら定期的な関係を提案してみましょう。

パパ活女子を求めているのはどんな男性?

パパ活女子を求めているのはどんな男性?

パパ活女子を求めているのはどんな男性なのかを解説します。

パパ活女子を求めている男性の年代

パパ活女子を探している男性は40代以上が多いです。60代以上の高齢の方もいますが、40代・50代が一番多いでしょう。ITビジネスの発展により、20代・30代の成功者も増えました。その関係で40歳以下でもパパ活女子を求めている男性は増えています。ただしその割当はさほど高いとは言えないので、20代・30代のパパがいたらかなり珍しいと言えるでしょう。

パパ活女子を求めている男性の職業

経済的に余裕があり、ある程度の社会的地位についているひとが多いです。具体的には、パパ活女子を求めているのは以下のような職業の男性が多いです。

・医者
・経営者
・役員
・銀行員
・大手会社員

年収400万円程度の経済力があれば、パパ活女子と月極契約を結ぶことが出来ると言われています。そのため、ちょっとリッチなサラリーマンであればパパ候補となる可能性は十分にあると言えるでしょう。

未婚の男性やバツイチの男性という場合もありますが、こっそりパパ活女子とデートしたいと思っている既婚者男性が多いでしょう。娘に相手にされないから他の女の子で満たしたいという欲求や、仕事に精を出しすぎてしまい、家庭では満足できない心の穴を埋めたいという欲求があるようです。

パパ活女子を探している男性の目的や価値観とは?

・普段の生活では得られない刺激が欲しい
・なんでも話せる相手が欲しい
・困っている女性がいたら助けてあげたい
・女の子の将来を応援してあげたい
・(既婚者の場合)今の家庭を大切にしたいし不倫はNG

以上のような価値観で男性はパパ活女子を探しています。一度だけの関係ならまだしも、何回も会う関係になると、大切なのは年齡や容姿よりもコミュニケーション能力になるでしょう。パパの話をしっかりと聞いた上でうまく甘えられるような女性が求められると言えます。不倫NGだと考えている男性でも、何回か会っているうちにエッチしたいと思ってしまう危険性もあります。

会う頻度が増せば増すだけそのリスクが高まる傾向にあるので、愛人関係や交際関係に発展させたくない場合はご注意下さい。

月極パパとはどんな男性?

”月極パパ”とは女性とパパ活契約をして、長期的な関係を結んでくれるパパ。”定額パパ”とも呼びます。ある程度の資金力が必要になりますが、女性の立場で考えると安定的な収入が入るのは大きいので、月極パパを積極的に探したいところです。

パパ側から長期契約を提案することもありますが、安心できる相手だと判断したら、女性から提案するのもアリでしょう。なお単発で会うパパのことを”都度パパ”と読んだりします。

太パパとはどんな男性?

”リッチパパ”とも呼びますが、太っ腹なパパのことです。信じられないかも知れませんが、会う度に10万円とかくれるようなパパも、長期契約で月に30万円とかくれるパパも存在します。

年収1000万円以上の資金力がないとそんな好条件を提示するのは不可能だと思われるので、太パパになれる男性の職業も自ずと限定されますが、探して見る価値はあるでしょう。社会的地位が高いからこそ無理に体の関係を迫ってくることもありませんし、優しくて紳士なパパが多いと思います。

どんな女性がパパ活をする?

どんな女性がパパ活をする?

どんな女性がパパ活をするのかについて解説します。

パパ活をする女性の年代

18歳未満の女性と援交をした罪で逮捕されるのを恐れる男性が多いため、18歳未満の女性はパパ活出来ないでしょう。10代後半から20代前半の女性が特に好まれる傾向にありますが、20代後半でも、30代・40代・50代でも、お相手次第ではパパ活をすることは可能です。

パパ活をする男性は話を聞いてくれる女性を求めています。ある程度年齡が近い相手の方が話しやすいと感じる男性も多いため、30代以上の女性にも十分需要はあるでしょう。

パパ活をする女性の職業

10代後半、20代前半の大学生からOLまで、様々な職業の女性がパパ活をしています。高収入な職業についている女性よりは、学生やフリーター、家事手伝いなどの経済的に不安がある女性の方がパパ活をしている割合が高いでしょう。

ただし、看護師やキャバ嬢のような経済的にはそこまで不安が無いという女性でもパパ活をすることはありますし、年収が高いからパパ活をしないなどと断定することは難しいです。パパ側は間違いなく嫌がるでしょうが、風俗嬢と掛け持ちでパパ活をしているような女性もいるようです。

パパ活をする女性の目的や価値観とは?

パパ活をする女性の目的はもちろんお金を稼ぐこと。学費や留学のための資金を溜めたいという大学生や、生活が苦しいOL、借金をかかえてしまった女性など理由はそれぞれ違いますが、お金が欲しいという目的は同じです。

年上の落ち着いた男性とお話をしたいという目的を持っている人もいるかも知れませんが、体の関係無しで効率よくお金を稼ぎたいというのが女性側の価値観でしょう。お金持ちの彼氏候補を探したいという女性は非常に稀だと思われます。

彼氏がいる女性も少なく無いようで、だからこその愛人契約ではなくパパ活契約だとも言えます。ある意味彼氏に対して誠実だと言えますが、いかにも遊んでいそうなギャルのような娘よりは、真面目でしっかりとしている女性の割合が高いようです。

パパ活の相手はどこで探す?

パパ活の相手はどこで探す?

パパ活相手の男性を探す方法について解説します。

合コンや婚活パーティー、街コンでパパは見つかるのか?

パパ候補の多くは既婚者なので、合コンや婚活パーティー、街コンなどの出会いの場で見つけることは難しいかも知れません。独身だけどパパ活女子を求めている男性もいますし、婚活イベントの中にも一定数の既婚者はいるでしょう。ただしその割合は高くないため、このような出会いの場でパパを探すことはあまり効率的だとは言えません。

バーやキャバクラなどで働けばパパは見つかる?

ガールバーやキャバクラなどで働いていればパパ候補となる男性を見つけられる可能性もあるでしょう。そのような場に頻繁に足を運ぶ男性は経済的に余裕があることがほとんどですし、あわよくばキャバ嬢を落としたいと思って通っている場合もあるでしょう。

ただし、この場合は相手の見極めが重要になります。キャバ嬢を落としたいと思っている男性の目的は、ほぼ間違いなくセックス。パパ活関係に発展させるためには、体の関係に発展しないであろう相手をしっかりと選ぶ必要があります。

なお一度セックスしてしまった場合は、そこからパパ活関係になることは無理でしょう。次からもセックスをする関係、要するに愛人関係になる可能性が非常に高く、一度くらいならと体を許してしまったらパパ活契約は難しいと思います。

現在他の職業に就いている場合には転職する必要がありますし、ルックスやスタイルなどの条件が満たされていないとガールズバーやキャバクラでは働けないかも知れません。可能性の一つとして覚えておいても良いかも知れませんが、必ずパパが見つかるだろうという楽観視は危険です。

交際クラブに登録してパパを探す

社会的地位の高い男性と、容姿やステータスで優れた女性が登録できる交際クラブ。パパ活関係に発展できる可能性は十分にありますが、どんな女性でも登録できるわけではありません。服装や性格で補おうといくら努力しても、容姿やステータスのハンデをカバーできない可能性もあり、面談に足を運ぶだけ時間の無駄になってしまう可能性もあります。

仮に交際クラブに登録して男性と会えるようになったとしても、それで終わりではありません。交際クラブの規約では、体の関係はNG。二回目以降のデートに関してはその限りでは無いようですが、多くの男性は体の関係を求めているでしょう。体の関係に発展しないであろうお相手をしっかり見極めるようにしないと、なかなかパパは見つからないと言えます。

参考記事
交際クラブとは何?どのようなシステムなのか教えて欲しい

危険が伴うパパ活掲示板

パパを探したい女性と、パパ活女子と出会いたい男性が使うパパ活掲示板。しかし安全に利用できるような掲示板は無いに等しく、非常に危険な出会いの場だと言えるでしょう。年齢確認も本人確認も何もないので、投稿に反応した相手が男性なのか女性なのかも分からないレベル。間違ってもこのような出会いの場を使ってはいけません。

婚活サイトや恋活アプリでパパを探すのは効率的?

インターネットでお相手が探せる婚活サイトや恋活アプリ。基本的には独身の男女が利用するものなので、パパを探すのは難しいかも知れません。サイトによっては独身証明書が必要になるものや、フェイスブックの交際ステータスが既婚・交際中になっているかたは登録できないものもあります。

婚活サイトや恋活アプリの中にも、パパ活女子と出会いたい独身男性もいるとは思いますが、その割合は低いでしょう。女性は無料で使えるものが多く、婚活パーティーや街コンと違って直接足を運ぶ必要が無いので、無駄なお金や時間を取られることは無いのが強み。

パパになってくれそうな男性に片っ端からアプローチして、単刀直入にパパ活契約を提案するのも一つの手ですが、どのくらいの相手に連絡を取れば契約が結べるかは何とも言えない部分ではあります。

出会い系サイトで多くの女性がパパ活をする理由

多くの男女が、様々な目的で出会う出会い系サイト。多くの女性がパパ活のために出会い系サイトを利用していますが、出会い系サイトではパパ活のような金銭のやり取りを行う行為は禁止されています。アカウントの凍結や削除のリスクも高いのですが、パパ活などの行為が禁止されていることを知らずに、出会い系サイトを使っている女性も少なくないようです。

アカウントの削除を覚悟した上で、決死の覚悟でパパを探している女性も入るようですが、基本的にはエッチする相手を探すために利用しているという男性が多い出会い系サイト。仮にアカウントを削除されなかったとしても、パパとなる男性と出会える可能性は高くないと思われます。

なお出会い系サイトでアカウントを削除されると、同じ携帯電話からは二度と登録できなくなります。サイトで禁止されている行為ですし、リスクに対するリターンが小さいので、出会い系サイトでパパを探すのはおすすめ出来ません。

参考サイト

安全にパパが探せるマッチングサイト

現時点でパパを探すためにベストだと言えるのが、パパ活専門と言っても過言ではないマッチングサイト『シュガーダディ』です。会員数があまり多くないのがデメリットですが、これから登録数が増える可能性が高いサイトなので、パパを見つけたいと思っているなら登録しておきましょう。

パパに求められる女性になるために

パパに求められる女性になるために

パパに求められる女性になるために必要なことを解説します。

相手が求めているものを見極める

相手と長期的な関係を築く上で大切なのが、パパが求めているものを見極めること。エッチの関係を求めている相手とは距離を置くことは当たり前ですが、客観的な意見を聞かせてくれる相手が欲しいのか、ただ黙って笑顔で話を聞いてくれる女性を求めているのかをしっかり見極めて下さい。

パパ活女子を探している男性の欲求は様々ですが、落ち着いて話が出来る相手を求めていることがほとんど。仕事関係のお相手や妻には話せないような内容を聞いてくれる女性が欲しいと思っているのです。相手の反応をじっくりと観察して、どのようなお相手を求めているのかを常に考えるようにして下さい。

上手に甘える

相手との年齡がある程度離れている場合、適度に甘えることは大切です。年下の女性に甘えられて嫌な思いをする男性はいないでしょう。甘えると言ってもブランド品をねだるとかそう言った話ではなく、人生経験豊富な先輩として頼ってみるのが有効です。甘え過ぎたり、調子に乗ったり、ボディタッチしたりすることはNG。

自分の力では解決出来ないことに対して、知恵やアドバイスをもらうこと。小さなお願いをして男性の自尊心を満たして上げることが、男性を喜ばせることになるのです。このような甘え方であればぶりっ子だと思われることも無いでしょうし、『良いことをした』と男性に思わせることが出来るので、相手の自尊心を満たして上手に甘えることを意識してみてください。

不必要にお小遣いをねだらない

お金が欲しいからパパ活をしている。それは当然のことかも知れませんが、お金をもらって当たり前だと思ってはいけません。お小遣いはあくまでパパからの感謝の印。女性側からねだるものではなく、自然ともらうものだと心得ましょう。

もしかしたら、前回のデートよりも金額が少ないかも知れません。お酒に酔ったパパがお小遣いを渡しそびれてしまうこともあるでしょう。しかし、女性側から要求されてお金を渡すよりも、自分の意志でお金を渡したいと思う男性がほとんどでしょう。

お小遣いがもらえないとピンチになってしまう。焦ってしまう気持ちは分かりますが、長期的な関係を築くためにもお小遣いの催促はNG。短期的な結果を求めないほうが、長期的には大きなお金が稼げると心得ましょう。

自分が楽しむことが相手を楽しませることだと心得る

パパを楽しませようと努力することは大切ですが、自分も楽しむことを忘れてはいけません。お金のためだから仕方なくパパと会うのではなく、楽しいから会いに行くという状態になれれば理想的。あなたが心からデートを楽しむことが出来れば、男性にもそれは伝わるでしょう。無理して男性を楽しませようとするよりも、楽しんでいる姿を男性に見せたほうが効果的な場合は多いです。

自分の力で女性を楽しませることが出来たという感触は、男性に自尊心と自信を与えますからね。相手のことを無視して楽しむことは論外ですが、美味しいものは素直に美味しいと伝え、感謝の言葉を伝えるべき時はしっかりと伝える。何よりも常に笑顔でいるように意識して、一緒にいるだけで楽しいというような空気感を生み出すことが出来れば、きっとパパもいつも以上にデートを楽しめるはずです。

自分の価値を過大評価しない

パパとデートをしてお金をもらっているからと言って自分を過小評価する必要はありませんが、過大評価するのも禁物です。パパ次第ではありますが、年齡を理由に関係を終わらせられることもあるでしょうし、月極という地位に油断していると思わぬしっぺ返しがあるかも知れません。

最初の頃のデートでは服装や化粧にも気を使っていたのに、だんだん手抜きになる。デートの慣れてきたときこそが危険で、油断しているとパパから愛想を尽かされてしまうかも知れないのです。

仮に月極パパがいたとしても油断すること無く、身だしなみや言葉使い、相手を思いやる姿勢は忘れないようにしましょう。たまたまそのパパと相性が良かっただけかも知れませんし、調子に乗ってしまうといざという時に大変なことになるかも知れません。

一人のパパに固執しない

定期的に会えるパパが出来たからと言って、油断は禁物です。年齡だったり、相手の仕事の都合だったり、あなたに全く落ち度がないのに関係が終わってしまうこともあるでしょう。月極パパの存在に安心すること無く、常に新しい相手を探していたほうが良いです。うまくいけばもっとよい条件で会えるパパが見つかるかも知れませんし、リスクヘッジのために一人のパパに固執することはやめましょう。

パパ活のリスクと危険性

パパ活のリスクと危険性

パパ活のリスクと危険性について解説します。

金銭感覚が麻痺する危険がある

デートするだけでお金がもらえるパパ活。良いお相手を見つけることが出来れば、月に数十万円、下手したら100万円以上も稼ぐことが出来るかも知れません。時給900円でアルバイトしていた大学生、手取り15万円のフリーターからすると考えられないような金額ですよね。

だからこそ金銭感覚が麻痺する危険性があり、お金が入ってくるのが当たり前だと思うと破産の恐れがあります。パパ活はあくまで一時的な関係であり、生涯に渡って収入を約束してくれるものではありません。

留学や学費など何かの目的のためにパパ活をする場合は大丈夫だと思いますが、パパ活で稼いだお金で贅沢するのは危険です。一度身についてしまった浪費癖から抜け出すのは簡単なことではありません。

大学生であれば就職を機にパパ活を卒業するということも多いでしょうし、そうでない場合でもいつまでも続けられる関係では無いことは決して忘れてはいけません。

体の関係や交際を迫ってくるパパがいるかもしれない

パパ活関係において、相手との信頼関係が大切です、一度きりの相手なら一日だけ我慢すれば住むことですが、月極パパへのお願いをする場合には慎重に相手を見極めるようにして下さい。会う回数が多くなればなるほど、頻度が増えれば増えるほど、お相手があなたを思う気持ちが強くなる可能性があります。

体の関係や交際を迫ってくるようなお相手とは、パパ活関係を終わらせた方が安全でしょう。一度断っても、再度迫ってくることは明白ですし、お酒の力や押しの強さに負けてしまい、後悔することになるかも知れません。

逆に言えば、いつでもパパとの関係を終わらせられるためにも、新規のお相手を探しておくことは大切です。”このパパしかいない…”と追い込まれていると、嫌だと思っていても断れないこともあるでしょう。

仮に今のパパと別れたとしても、他にも関係を持っているパパがいれば強気な態度で応じることが出来ますし、仮に別のパパがいなくても、いつでも新しいパパを探せるような自信は持っていたほうが良いと思います。

パパ活Q&A 良くある質問への回答

パパ活Q&A

・本当に体の関係は無いのか?
・食事やデートだけでお金がもらえるような関係が信じられないかも知れませんが、パパ活女子を探している男性は少なくありません。しっかりと相手を見極めることが出来れば、体の関係なしでお小遣いをもらえるようなお相手を見つけることは難しくないと思います。

・地方でもパパは探せるのか?
・都心部に比べればパパの数は少なくなりますが、その分ライバルも減ります。リアルでパパを探すよりもネットで探した方が効率的かも知れませんが、田舎だからとパパ活が出来ないということはありませんよ。

・パパ活は本当に稼げるのか?
・世の中にはお金を持て余しているような人も少なくありません。相手を見つけることさえ出来ればパパ活は本当に稼げる手段だと言っても良いでしょう。

・30代だけどパパ活出来るのか?
・若いパパ活女子を探したいと思っている男性が多数ではありますが、若い相手だと話をしていても面白くないと感じるパパも多いようです。年齡が近いお相手を探したいというパパも少なくありませんし、30代・40代でも諦める必要は無いでしょう。

・パパ活に危険は無いのか?
・100%安全だとは断定できませんので、何回か会っている相手でも警戒は怠らないほうが良いでしょう。ただ、多くのパパは体の関係を求めていません。不倫がバレるリスクを恐れていたり、セックスよりも話を聞いてもらうことに価値を感じており、だからこそ愛人関係ではなくパパ活関係を求めているのです。100%油断することは禁物ですが、ある程度安心しても良いのでは無いでしょうか?

パパ活についてまとめ

パパ活関係は一見すると成立しそうも無いように思えるかも知れません。しかし男性側のニーズと女性側のニーズが噛み合い、健全な関係として存在するのです。愛人関係に比べると探すのは難しいかも知れませんが、その分パパを見つけることが出来た時のメリットは非常に大きいです。年上の男性と話すことが苦にならないのであれば、お相手を探してみても良いのでは無いでしょうか?

The following two tabs change content below.

エロ狸

性別:男性 自己紹介:出会い系サイトや出会いアプリを知り尽くしたネットナンパの達人。 ネットで数しれないほどの女性をナンパしてセフレ化した実績を誇る。 ネットナンパには自信があるが、街でナンパする勇気がないのが弱点。

-ノウハウ・豆知識, お金儲け

Copyright© Secret Lover , 2018 All Rights Reserved.