出会い系で不倫をするなら絶対に気を付けておくべき点

投稿日:2017年5月25日 更新日:

夫や妻では満たされない思いを、心の穴を埋めるために出会い系サイトを利用している人は少なくありません。不倫を推奨するわけではありませんが、安易に不倫をしてバレてしまうことが無いように、絶対に気をつけておくべきことを解説します。

不倫がバレてしまった時のリスクについて

不倫がバレてしまった時のリスク

世の中の殺人事件の大半は男女の関係のもつれだと思われますが、不倫がバレてしまった場合、慰謝料を払えば済むというような生やさしいものでは無いかも知れません。以下のようなリスクが考えられます。

訴訟された場合慰謝料を払う必要がある

不倫が相手にバレ、訴訟された場合には慰謝料を払う必要があります。金額に関しては明確な基準が無いものの、不倫が原因で別居になったり離婚になった場合は慰謝料の金額が高くなります。金額の目安を紹介しておきますが、簡単に払えるような金額ではありませんよね…。

・離婚も別居もしない場合:50万~100万円程度
・不倫がきっかけで別居する場合:100万円~200万円程度
・不倫がきっかけで離婚する場合:200万円~300万円程度

あくまで目安ですが、訴訟した側が受けた精神的にダメージに応じて金額が決まります。裁判で決まった慰謝料を払わないわけにはいきませんし、子供がいて離婚した場合、男性には養育費の支払い義務もあるはずです。

夫婦別居や離婚のリスクがある

金額面の負担だけでなく、精神面のリスクも大きいでしょう。離婚も別居もしなかったとしても、その後の夫婦関係がギクシャクすることは間違い無いでしょうし、別居や離婚から受ける精神的なダメージは大きいでしょう。

夫婦だけでなく、子供がいる場合にはその子にも大きな負担を強いることになりますし、一時の感情に流されて不倫をすると取り返しのつかないことになるかも知れません。仮に不倫をするなら、絶対にバレないような手段を講じるべき。そうすれば表向きは健全な家庭を維持できますからね。

最悪殺人事件に繋がる恐れも…

不倫がきっかけで殺人事件に進展する可能性も少なくありません。逆上してしまった夫が妻を殺してしまう場合もそうですが、その逆も無いとは言いません。妻の浮気相手の弁護士の局部を夫が切断してしまったという”弁護士局部切断事件”という恐ろしい出来事もありましたし、それだけの行動を引き起こす原動力が不倫にはあるのです。

相手の復讐

金銭面、精神面以外にも相手からの復讐というリスクがあります。夫が不倫していたから自分が不倫しても問題ないという思考回路に陥ってしまう妻もいるでしょうし、そうなってしまった夫婦関係は修復しようが無いでしょう。

もっと直接的な復讐として、本人だけでなく周りの人も巻き込まれる可能性がありますし、お互いのことをよく知っている配偶者同士だからこそ、信じられないような復讐劇もあり得るでしょう。法律の範囲を侵さない中での復讐であれば、悪いのは不倫をした側になってしまうでしょう。

出会い系サイトで不用意に既婚者と会ってはいけない

出会い系サイトで不用意に既婚者と会ってはいけない

以上、結婚している男女のリスクについて書きましたが、慰謝料を請求されるのは不倫相手も同じこと。出会い系サイトと言えば多くのセックスを求める人妻が登録していますが、関係を持った時点で訴えられるリスクが付きまとうということは覚えておきましょう。局部を切断されるだけでは済まされないかも知れませんし、男女関係なく、既婚者との出会い、性行為には慎重にならなければいけません。

参考記事
人妻は何故セフレにしやすいのか?
人妻と出会いセフレにする方法

男性と女性のどちらの不倫が多い?

男性と女性のどちらの不倫が多い?

男性の方が不倫してそうなイメージがあるかも知れませんが、男女比はほぼ同じくらい。女性の場合は一度不倫をすると強気になり、複数の男性と関係を持つ傾向にあるようです。

元モーニング娘の矢口真里さんも、複数の相手と不倫をしていたようですし、仕事で忙しい旦那に満たされてもらえないから他の相手を探そうと言う心理が働くのかも知れません。男性向けの性風俗店は発展していますが、女性向けの性欲のはけ口は多いとは言えず、不倫に発展してしまうのでしょう。

男性の場合は一時の欲望を抑えきれずに不倫してしまう傾向があり、女性の方が計画的に不倫をするような気がします。なお男性の場合は結婚から6年後くらい、女性の場合は結婚から5年後くらいが浮気が起こりやすいタイミングのようです。あくまで一つの目安ですし、夫婦のすれ違いが生まれれば不倫は起こりやすくなるでしょう。夫が単身赴任した場合などは妻も夫も不倫をする可能性が上がると思います。

参考記事
浮気したいと望んでいる貴女が不倫に走ろうとする理由は何ですか

不倫はバレるものなのか?

不倫はバレる

不倫のリスクを知らない人はいないでしょうし、バレないように手を尽くすのが普通の感覚でしょう。いくらいつも一緒にいる中だと言っても、気持ちが通じ合わないことも少なくないはず。ならば不倫もバレるはずが無いと思っていませんか?

しかし、実際には不倫が相手にバレ、訴訟問題に発展するケースは後を絶ちません。女性の方が嘘がうまいからバレにくいかと思いきや、意外とそうでも無かったりします。

浮気を専門にしているような探偵事務所もあるようで、複数人での尾行や小型カメラの駆使などによるプロの技は、素人では到底気が付かないでしょう。結論として、不倫はバレます。相手に怪しいと思われたら黄色信号。プロの手を使われたら検挙されるのは時間の問題でしょう。

誰にもバレずに不倫をするために

バレずに不倫をする

いくら探偵を使えば不倫を検挙できると言っても、金額が金額だけに簡単に手を出せないというのが現実。相手が怪しいと思ったらまずは自分で調べてみる。十中八九不倫を確信したら、最後のダメ押しと証拠の確保のために探偵を使うという流れが一般的なようです。相手の慰謝料から探偵に払うお金を充当すれば良いことですからね。

ただしあくまで一般的な流れですし、少しでも怪しいと思われたらバレる危険があることは確か。そこで不倫がバレる原因を徹底的に潰すことをおすすめします。

スマホから不倫がバレるのを防ぐ

あなたがお風呂に入っている間に、スマホの中身がチェックされているかも知れない…。自分は大丈夫だと思っていても、自分の嫁・夫に限ってそんな事するわけないと思っても、疑心暗鬼は人の心を大きく動かす原動力なのです。

パスワードでロックをかけるのはもちろん、わざわざ相手に見つかる場所にスマホをおいておく必要もありません。肌身離さず持っておき、お風呂の時などは鍵のかかる引き出しの中にしまう。

防水加工がされているスマホだったらお風呂の中に持ち込んでしまっても良いでしょう。音楽を聞くためだという言い訳も出来ますし、不倫の種を相手に掴ませないことが大切です。

仕事用と家庭用、そして不倫用でスマホを使い分けるという手段もありますが、見つかった時の言い訳に困りますし、料金明細などから相手にバレる危険性も高いので、あまりおすすめは出来ません。

パソコンから不倫がバレるのを防ぐ

LINEをインストールしていればログインも出来てしまいますし、スカイプやメールもチェックされてしまうパソコン。パスワードのロックをかけているだけでは安心出来ませんし、スマホと違って持ち運びが出来ないので、不倫の痕跡は完全に消し去るようにしましょう。

相手はあなたのことを深く知っている強敵。パソコンのログインパスワードくらいは既に割り当てられていると思っていたほうが良いかも知れません。

LINEでのやり取りは抑える

誰が見ても不倫と分かるようなやり取りを、LINEに残す必要はありません。必要最小限のやり取りだけをしていれば、仕事の付き合いがある相手だと言い訳出来ますし、履歴の残らない電話を使ったほうが不倫がバレる危険性は低くなるでしょう。

もしもあなたがパソコンでもLINEをする場合、メッセージが筒抜けになってしまう恐れもあります。パソコンからは消去するなり、見つからない場所に隠すなりした方が良いでしょう。

なおLINEのメッセージを消すことは可能ですが、相手からのメッセージも消してもらわないと情報の隠蔽が露骨な履歴が残ってしまいます。『仕事の上で重要なやり取りをしている』などの言い訳が成立すれば良いのですが、LINEを見られないようにすることに心血を注いだほうが良いでしょう。

メールは消去する

履歴の残らないメールのほうが、不倫には向いているかもしれません。出来るだけマメにメッセージを消去して、少したりとも不倫の証拠を残さないことが大切です。gmailなどのログイン情報も、既に相手にはバレている前提で考えたほうが良いです。不倫を隠蔽するなら徹底的に。常に最悪を想定して行動するようにしましょう。

不倫相手は出会い系サイトで探す

不倫相手を探すなら出会い系サイトを使うのが鉄則です。職場や趣味の場で顔を合わせる相手だと、それだけ情報がバレる可能性が高くなります。共通の知り合いが一人もいない、不倫以外では一切接触しない相手を選んだほうが、バレる確率は圧倒的に低くなるでしょう。

例え怪しいと相手に勘ぐられても、不倫相手を探す取っ掛かりが全く見えなければ、バレる可能性は低いでしょう。当然のことながら出会い系サイトにログインされると不倫が筒抜けになってしまうので、パソコンでは一切使わずスマホのみでやり取りをすることが大切です。

携帯電話番号は知られているので、パスワードを複雑にしてログインされるをの避けるしかありませんが、出会い系サイト内でのやり取りをシンプルにしてすぐにLINEに誘導してしまえば、少なくとも証拠は残りません。

おすすめ出会い系サイト一覧

PCMAX
Jメール
ハッピーメール
YYC
ワクワクメール

自宅で会わない

不倫相手とエッチしている瞬間に妻・夫に見つかったら言い逃れのしようがありません。最初の頃は慎重になっているためホテルで会っていた二人でも、不倫を重ねるにつれて大胆になります。ホテル代を節約するという意図もあり、自宅でエッチするようになると、それだけ不倫の痕跡を多く残すことになるでしょう。

未婚の相手の家でエッチするのであればバレる危険性は下がりますが、夫の仕事の目を盗んで不倫相手を家に連れ込むことは非常に危険な行為だと言わざるを得ません。

出会い系サイトでの不倫相手の探し方と注意点

出会い系サイトでの不倫相手の探し方

出会い系サイトでの不倫相手の探し方と注意点を解説します。

参考記事
不倫パートナーを探している貴女におすすめしたい出会い系サイト

なるべく早くLINEに誘導する

あなたが男性であろうと女性であろうと、なるべく早くLINEでやり取りするように提案しましょう。パソコンからも電話番号でログイン出来てしまう出会い系サイトは、LINEよりもやり取りを隠蔽しにくいです。

最小限のやり取りでLINEに誘導してしまえばスマホさえ守っていれば大丈夫。証拠を残さないためにも、複数の相手と効率よくやり取りをするためにも、なるべく早くLINEを交換して、可能であればメールでのやり取りに移行しましょう。

コミュニケーションの主役がLINEに移った現代では、出会い系サイトでのやり取りから直接メールアドレスを交換するという提案は相手に懐疑心を与えてしまいます。

まずはLINEで少しやり取りして、あなたの目的を伝えてからメールでのやり取りに以降しましょう。メールアドレスを交換できたら相手のLINEを消せば証拠隠滅は万全。メールボックスにやり取りが残らないように、マメに消去するように気をつけましょう。

参考記事
出会い系サイトで知り合った女性とLINEの交換をする方法

既婚者であることを隠す場合は

既婚者であることを相手に隠さないで不倫を進める手順を解説しましたが、隠して不倫をするという方法もあります。その場合は特に、同じ相手とは何度も会わない方が良いでしょう。会う回数が多くなればなるほど、あなたが既婚者であることを見破られる可能性があります。

最初から不倫目的だと伝えていたならともかく、隠していた場合は最悪脅しに使われる恐れもありますので気をつけましょう。

会う相手やペースを調整する

不倫相手とは1回しか会わないようにすれば、不倫がバレる可能性はかなり低くなります。ただし新しい不倫相手を探す時にバレる可能性はありますし、同じ相手と会っていたほうが変な相手と当たるリスクが低いというのも事実。

どちらが正解なのかは難しいところですが、危険だと判断したらすぐに不倫相手と距離をおくように、会う相手やペースを調整するすることは非常に大切。一人の相手と長く会えばあるほど、関係を切るのは難しくなります。

情が移る前に適度なタイミングで関係を切ってしまったほうがバレないとは分かっていても、なかなかそうも出来ないのが人間という弱い生き物。『○○回会ったらもう会わないようにする』などと自分でルールを決めると良いかも知れませんね。

不倫についてまとめ

不倫についてまとめ

不倫はバレた時のリスクが大き過ぎますし、お金だけでは済まない可能性もあります。風俗店などの他の手段で代替できるならそちらの方が安全だとは思いますが、どうしても不倫をするという場合は万全の体制で情報を隠蔽し続けましょう。

いつもはプレゼントを買わないのにプレゼントの頻度が不自然に増えたり、言動がおかしいとバレる可能性が高くなります。あくまでポーカーフェイスに努め、いつもと変わらない態度を守り続けましょう。

The following two tabs change content below.

エロ狸

性別:男性 自己紹介:出会い系サイトや出会いアプリを知り尽くしたネットナンパの達人。 ネットで数しれないほどの女性をナンパしてセフレ化した実績を誇る。 ネットナンパには自信があるが、街でナンパする勇気がないのが弱点。

-気を付けておきたい注意点

Copyright© Secret Lover , 2018 All Rights Reserved.